スタンドイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


A stand-in for film and television is a person who substitutes for the actor before filming, for technical purposes such as lighting.

Stand-ins are helpful in the initial processes of production. Lighting setup can be a slow and tedious process; during this time the actor will often be somewhere else. Stand-ins allow the director of photography to light the set, the camera department to light and focus scenes. The director will often ask stand-ins to deliver the scene dialogue ("lines") and walk through ("blocking") the scenes to be filmed. In this way, a good stand-in can help speed up the day's production and is a necessary and valuable cast member on a film.

Stand-ins are distinguished from body doubles, who replace actors on camera from behind, in makeup, or during dangerous stunts. Stand-ins do not appear on camera. However, on some productions the jobs of stand-in and double may be done by the same person. In rare cases, a stand-in will appear on screen, sometimes as an in-joke. For instance, the actress who pretends to be Ann Darrow in the stage show during the final act of King Kong (2005) is played by Naomi Watts' stand-in, Julia Walshaw.

Stand-ins do not necessarily look like the actor, but they must have the same skin tone, hair color, height and build as the actor so that the lighting in a scene will be set up correctly. For example, if the lighting is set up with a stand-in shorter than an actor, the actor might end up having his or her head in relative darkness.

Stand-ins are also used for animated characters in a live action film, sometimes with life-size character models, so that the animators know where to place their animation and how to make them move realistically, and for actors to know where to look. In these cases, skin-tone and hair color are not so important. Height and build, however, are still important for any interactions between live action and animated characters.

Some celebrities mandate that they will always have the same stand-in. Famous cases include Pluma Noisom (stand-in for Claudette Colbert) and Adam Bryant (Robin Williams).

Other usage[編集]

In politics, a stand-in is a placeholder who occupies a seat until an appointment or election can be held to fill the seat.

There is a running Hungarian TV-show titled Beugró or Stand-in, based on improvising.

See also[編集]

References[編集]

External links[編集]


スタンドイン (stand-in) とは、映画テレビ番組の撮影前に、配光、立ち位置を確認するといった照明撮影の準備作業のために俳優の代理をする人物のこと。これらの作業に相当な時間がかかるため、俳優本人に行わせて肉体的、精神的負担が演技に悪影響を及ぼすのを避けるために代理を立てて行う。

概要[編集]

スタンドインは、撮影の最初の段階で必要になる。

スタジオ内での撮影を例としてあげると、まず照明の吊り込みを行い、大道具など美術の配置を行う。こうしてセットが完成すると、スタンドインはそこに入り照明を浴びる。撮影監督やカメラ部門はスタンドインに当たる照明の具合から各シーンにおける照明の大きさや方向などを確認できる。ディレクターは、しばしば特定のシーンにおける演技の動きをスタンドインに指示する。スタンドインがセットの中を行き交うのを見ながら、演技者の立ち位置やライトの見切れ、マイクの影などを確認し、照明スタッフは配光調整をしていく。このように、スタンドインは撮影現場をスムーズに進行させるあたって重要な役割を果たしている。

スタンドインは撮影の前段階に必要になるため、実際の収録に映ることはなく、俳優の代わりにカメラに映るボディダブル英:body double)やスタントマンとは区別される。しかし、いくつかの作品ではボディダブルあるいはスタントマンの仕事とスタンドインを同じ人物が行う場合もある。

スタンドインが俳優そっくりに見えなければならない必要はないが、照明プランどおりにシーンの中の照明が正しく組み立てられるように、肌や髪の色、背格好についてはなるべく似通ったものが望ましい。例えば、実際の俳優より背が低いスタンドインを基準として照明がシューティングされてしまうと、収録の際俳優の顔の部分に照明がうまく当たらず映りが暗くなる可能性がある。また、俳優とスタンドインの肌や髪の色が違う場合、特に俳優がアップになるシーンでは画面のトーンに影響を及ぼすおそれがある。

その他[編集]

  • 演出上、照明に特に注文もなく、誰がやっても見当がつくような場合、手の空いてるスタッフがスタンドインを行う場合もある。
  • この俳優にはこのスタンドインという具合に重宝されているスタッフもいる。
  • 俳優を入れたリハーサルを通じて照明の配光はさらに調整される。

関連項目[編集]

警告: 既定のソートキー「すたんといん」が、その前に書かれている既定のソートキー「Stand-In」を上書きしています。