スタント・パーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタント・パーソン(Stunt person)またはスタントマンスタントウーマンとは、さまざまなスタントをこなす人物のこと。主に映像作品においてカメラの前で危険なシーンの撮影をする人物を指す。スタントは大まかにボディー・スタントとカー・スタントとに分かれており、ボディー・スタントではスタント・パーソン本人がドラマの主要人物にやられる格闘シーンや、爆破落下などの場面でモブキャラクターとして出演することが多い。その他の役割としては危険な動きや複雑な動きを俳優の吹き替えとして顔が見えない形で演じる事もあり、その場合はスタント・ダブルと呼称される。

また、ここから派生し日本で特に発達した役柄としてスーツアクター(特撮ヒーロー番組などで、着ぐるみを着用し、戦闘アクションを担当する俳優)もある。

どの国でも危険なシーンを俳優に代わって演じるというのは同じであるが、歴史としてはアメリカが主に西部劇において危険な乗馬アクションをこなす際の特殊技能や安全装置の開発から始まったのに対し [1]、 日本ではチャンバラ映画における殺陣での斬られ役 [2]、 香港の武侠映画カンフー映画ではやられ役[3] といったリアクションを重んじる形で発展してきた役割である [4]

仕事はアクションを演じるだけでなく、撮影の裏方として俳優のトレーニングに協力したり、ワイヤーワークの設置や操作、現場の安全確認やそれにともなう準備などを行う [5]。 またスタント・コーディネーターやアクション監督とともにアクションの設計にも携わり、現在ではアイデアを俳優やスタッフに伝えるためのビデオコンテ(テスト版映像)を制作するケースもある [6]

アクション撮影においては、スタントマンの上に殺陣師やスタント・コーディネーター、香港や日本の現場によってはアクション監督といった立場のスタッフがいるが [7] [8]、 そのほとんどはキャリアの初めにスタントマンとして活動した経験を持つ者である。

脚注[編集]

  1. ^ Stuntmen & Women”. Lone Pine Film History Museum. 2015年4月20日閲覧。
  2. ^ 劇空間キョウト 第2部一芸で食らう”. 京都新聞. 2015年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月20日閲覧。
  3. ^ 點將台:電影業萎縮下的犧牲品──龍虎武師”. 香港文匯報. 2015年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月23日閲覧。
  4. ^ ドニー・イェン (2005). ドニー・イェン アクション・ブック. キネマ旬報社. pp. 137-138. ISBN 978-4873762593. 
  5. ^ ドニー・イェン (2005). ドニー・イェン アクション・ブック. キネマ旬報社. pp. 143-159. ISBN 978-4873762593. 
  6. ^ ノンフィクションW 日本のアクションを変える男 谷垣健治 ~香港の現場から映画「るろうに剣心」へ~”. WOWOW. 2014年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月19日閲覧。
  7. ^ 跳樓爆破被車撞打架‧龍虎武師向高難度挑戰”. 世華多媒體. 2015年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月20日閲覧。
  8. ^ 谷垣健治 (2013). アクション映画バカ一代. 洋泉社. pp. 2-4. ISBN 9784800301024. 

関連項目[編集]