スタンコ・トドロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタンコ・トドロフСтанко Георгиев Тодоров1920年12月10日 - 1996年12月17日)は、ブルガリア政治家。共産政権時代、閣僚会議議長(首相、1971年7月 - 1981年6月)を務め、民主化運動を受けての自由選挙後、一時的に大統領(1990年7月6日 - 17日)を代行した。

経歴[編集]

クレノヴィク町(現ペルニク州ラドミル自治体)の鉱山労働者の家庭に生まれる。1936年1941年ソフィアの縫製工場で働く。進歩青年運動に参加。1941年、軍に召集されたが、1943年に脱走。1943年からブルガリア共産党員。1944年の九月人民武装蜂起に参加した。

1944年末から1947年まで労働青年同盟ソフィア州委員会、中央委員会で働く。1947年~1950年、労働青年同盟中央委員会書記。1950年、ブルガリア共産党ソフィア州委員会書記、1950年~1952年、党ブルガス州委員会第一書記。1954年から党中央委員会委員。1959年12月~1961年11月、政治局員候補、1961年11月から政治局員。1957年~1959年、1966年~1971年、党中央委員会書記。1952年から人民議会代議員。

1952年~1957年、農業相。1959年~1966年、閣僚会議副議長となり、1959年~1962年、ゴスプラン議長を兼任。1971年7月から閣僚会議議長。1981年6月16日、辞任。

民主化運動を受けての自由選挙実施後、1990年7月6日から17日まで大統領を代行。1996年12月17日死去(76歳)。

叙勲[編集]

ゲオルギ・ジミトロフ勲章2個を受賞。

公職
先代:
ペトゥル・ムラデノフ英語版
ブルガリアの旗 ブルガリア共和国大統領
(臨時)1990年
次代:
ニコライ・トドロフブルガリア語版
(臨時)
先代:
トドル・ジフコフ
ブルガリアの旗 ブルガリア人民共和国
閣僚評議会議長

第6代:1971年 - 1981年
次代:
グリーシャ・フィリポフ英語版