スタリー・グラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタリー・グラード
Stari Grad
Riva of Stari Grad.jpg
スタリー・グラード
座標 : 北緯43度11分 東経16度35分 / 北緯43.183度 東経16.583度 / 43.183; 16.583
行政
クロアチアの旗 クロアチア
  スプリト=ダルマチア郡
 市 スタリー・グラード
市長 Visko Haladić
地理
面積  
  市域 52,59 km2
人口
人口 (2001年現在)
  市域 2,817人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 21212
ナンバープレート ST
公式ウェブサイト : http://www.stari-grad-faros.hr/
世界遺産 スタリー・グラード
平原
クロアチア
スタリー・グラード平原
スタリー・グラード平原
英名 Stari Grad Plain
仏名 Plaine de Stari Grad
面積 1,376.53 ha
(緩衝地域 6,403.13 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(3),(5)
登録年 2008年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示
スタリー・グラードの位置(クロアチア内)
スタリー・グラード
スタリー・グラード
スタリー・グラード (クロアチア)

スタリー・グラードクロアチア語:Stari Grad)、あるいはスタリ・グラードは、クロアチアダルマチア地方のフヴァル島にあり、フヴァルと並ぶ主要な町で、島の北西部にある町。スタリー・グラード自治体の人口は2001年の時点で2,817人であり、うち1,906人はスタリー・グラードの町に住んでいる。

スタリー・グラードはクロアチア語で「古い町」を意味し、フヴァル島で最も古い集落であり、アドリア海の島々の中でも最古の集落の一つである。スタリー・グラードには古代より人が居住しており、古くはフヴァル文化の担い手たちが、後にはギリシャ人が居住した。紀元前384年、ギリシャ人の哲学者アリストテレストラキアで生まれたのと同じ年、エーゲ海パロス島からギリシャ人が移住し、この島をパロス(Pharos)と名づけた。

スタリー・グラードはルネサンス時代の作家・ペータル・ヘクトロヴィッチPetar Hektorović)の生まれた地である。

2008年7月7日スタリー・グラード平原UNESCO世界遺産に登録された。スタリー・グラード平原はクロアチアで7番目の世界遺産となった[1] [2] [3]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。[4]

建造物[編集]

古代遺跡[編集]

聖堂[編集]

ギャラリー[編集]

参照項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]