スタニスワフ・レシニェフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタニスワフ・レシニェフスキ

スタニスワフ・レシニェフスキStanisław Leśniewski, 1886年3月30日 - 1939年5月13日)はポーランド論理学者モスクワ近郊のセルプコフに生まれる。

ドイツ各地の大学で学んだ後、ルヴフ大学にてカジミェシュ・トヴァルドフスキヴァツワフ・シェルピニスキヤン・ウカシェヴィチらに学ぶ。1912年に提出された博士論文は、対象言語メタ言語の区別に関する先駆的内容を含んでおり、後に彼の弟子となるアルフレト・タルスキの研究に大きな影響を与えた。また、このころ社会主義運動にも身を投じ、一時期ローザ・ルクセンブルクの助手を務めたこともあった。

数学基礎論への関心を強めていたレシニェフスキは、1918年にワルシャワ大学数学の哲学講座担当講師に就任。オントロジー(Ontology)、メレオロジー(Mereology)、プロトテティック(Protothetic)の三つの体系からなる論理学を展開し、ルヴフ=ワルシャワ学派における論理学研究をリードする存在となった。

1936年にはワルシャワ大学教授に就任したが、その三年後に甲状腺癌のため没した。