スタニスラフ・ザハロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif スタニスラフ・ザハロフ
Stanislav Zakharov
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: 1981年8月31日(32歳)
出生地: モスクワ州
身長: 177 cm
元パートナー: エレーナ・リアブチュク
イリーナ・ポタニナ
元コーチ: ウラジミール・ザハロフ
元振付師: アレクサンドル・ボイトチュク
マルガリーナ・ロマネンコ
所属クラブ: モスクワCSK

スタニスラフ・ウラジーミロヴィチ・ザハロフロシア語: Станислав Владимирович Захаровラテン翻字Stanislav Vladimirovich Zakharov1981年8月31日 - )は、ロシアモスクワ州出身の男性フィギュアスケート選手。2002年世界ジュニア選手権ペアチャンピオン。パートナーはエレーナ・リアブチュクなど。

経歴[編集]

ロシアのモスクワ州に生まれ、5歳のころにスケートを始めた。やがてモスクワのクラブに所属しエレーナ・リアブチュクとペアを結成。コーチは実の父ウラジミール・ザハロフであった。

1999-2000年シーズンよりISUジュニアグランプリにロシア代表として出場したが、初出場のJGPチェコスケートおよび世界ジュニア選手権では6位に終わった。翌2000-2001年シーズン、サイドバイサイドのスピンの練習中にスタニスラフ・ザハロフのブレードがパートナーのリアブチュクの頭にぶかる事故が発生し、リアブチュクは怪我を負い長期離脱を余儀なくされた。

2001-2002年シーズン、ロシアのジュニア選手権で優勝、シニアクラスでも6位となり3度目の出場となった世界ジュニア選手権では初優勝を果たした。翌2002-2003年シーズン、3年ぶりにISUジュニアグランプリに出場したが、JGPクールシュベルで2位となったもののJGPトラパネーゼ杯では6位に沈みJGPファイナル進出を逃した。2003年ペア解散を発表。

2003-2004年シーズンのロシア選手権にイリーナ・ポタニナとペアを組み出場したが、7位に終わった。

主な戦績[編集]

大会/年 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03
世界Jr.選手権 6 8 1
ロシア選手権 6
JGPトラパネーゼ杯 6
JGPクールシュベル 2
JGPチェコスケート 4

詳細[編集]

2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2002年10月30日-11月3日 ISUジュニアグランプリ トラパネーゼ杯ミラノ 5 6 6
2002年8月21日-25日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル 4 2 2

外部リンク[編集]