スタトイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スタトイルハイドロから転送)
移動: 案内検索
スタトイル
Statoil ASA
種類 公開会社
市場情報 OSE: STL, NYSESTO
本社所在地 ノルウェーの旗
ノルウェースタヴァンゲル
設立 2007年10月1日
業種 石油・発電
事業内容 石油及び天然ガスの採掘と精製、販売
代表者 Helge Lund(最高経営責任者)
Svein Rennemo(会長)
売上高 5296億5000万NOK2010年[1]
営業利益 1372億3000万NOK[1](2010年)[1]
純利益 380億8000万NOK[1](2010年)[1]
純資産 2264億NOK[1](2010年)[1]
総資産 6430億1000万NOK[1](2010年)[1]
従業員数 30,340名[1](2010年)[1]
主要株主 ノルウェー政府(67%)
外部リンク www.statoil.com
テンプレートを表示

スタトイルStatoil ASAOSE: STLNYSESTO )は、ノルウェーのエネルギー企業。旧・スタトイル英語版ノルスク・ハイドロの石油部門が2007年合併し、スタトイルハイドロStatoilHydro ASA)となった[2]。世界最大級の石油・ガス企業であり[3]北欧諸国で最大の企業である[4]。石油・天然ガスに関し上流部門から下流部門まで一貫して生産、運搬、販売を行い13カ国で石油・天然ガスの開発を8カ国で石油をリテール向けに販売する。2009年、フォーチュン・グローバル500により、石油・天然ガス企業売上高世界13位にランクインし[5]、全体でも売上高世界36位にランクインした[6]。その後、2009年11月1日に会社名をスタトイルハイドロからスタトイルに変更[7]、2010年11月には下流部門がスピンアウトし、Statoil Oil & Fuelsとしオスロ証券取引所に上場した[8]

事業内容[編集]

上流部門[編集]

スタートフィヨルド
Part of Kårstø-plant

スタトイルはノルウェーが領有する大陸棚で最大の石油開発事業者で約6割のシェアを有する。スタトイルハイドロはGlitne、GullfaksHeidrun、Huldra、Kristin、Kvitebjørn、Mikkel、Norne、Ormen LangeSleipnerSnorreSnøhvitスタートフィヨルド油田、Sygna、Tordis、トロールガス田en / no )、Veslefrikk、Vigdis、Visund、Volve、Åsgardと油田、ガス田を保有する。スタトイルハイドロはまた、Kolsnes、KårstøMongstadTjeldbergoddenMelkøyaのプラントを運営する。北海で運用する油田・ガス田には、北欧神話から付けられた名称が多い(グリトニルグルファクシスレイプニルヘイズルーンノルンなど)。

加えて、海外ではアルジェリアアンゴラアゼルバイジャンブラジルカナダ中華人民共和国イランリビアナイジェリアロシアアメリカ合衆国ベネズエラで油田・ガス田を運営している他、今後を見通して、エジプトメキシコカタールアラブ首長国連邦に事務所を構える。また、ベルギーデンマークフランスドイツでプラントを運営している。2006年には旧・スタトイル時代に、大気中にある温室効果ガスを減少させるために炭素隔離(en)を実行するための世界最大のプロジェクトを行うことを認められた。

中流部門[編集]

Europipe II

スタトイルは北海の大陸棚、加えてアゼルバイジャンから西欧諸国に向けてのパイプラインを運営している。前者はZeepipeStatpipeEuropipe IEuropipe IIFranpipe、後者はバクー・トビリシ・ジェイハンパイプラインがある。ノルウェーからのパイプラインはスタトイルハイドロの他に、PetoroConocoPhillips SkandinaviaEniの子会社のEni Norgeエクソンモービル子会社のExxonMobil E&P Norway及び Mobil Development Norway、Norsea Gas、ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社のNorske Shell Pipelinesトタルの子会社のTotal E&P NorgeDONG Energyの子会社のDong E&P Norgeが出資したen:Gassledを通して行われる。

スタトイルはロンドンスタンフォード (コネチカット州)シンガポールに原油、石油製品、天然ガスを取引する事務所を構える。

下流部門[編集]

エストニアにあるStatoilブランドのガソリンスタンド。

スタトイルは、デンマーク、エストニアアイルランドラトビアリトアニア、ノルウェー、ポーランド、ロシア、スウェーデンにおいてStatoilHydro1-2-3の3つのブランドでガソリンスタンドを経営している。2006年にアイルランドの石油企業Topaz Energy Groupを売却した。

2010年第1四半期にスタトイルは小売部門の経営権の見直しを発表し、証券市場への上場が最も理にかなった解決策であるとし[9] 、早ければ2010年の第4四半期に上場されるだろうとした。

スタトイルのガソリンスタンド、潤滑油、航空燃料、船舶燃料の供給を含んだエネルギーおよび小売部門の分割が行われ、結果としてスタトイルが筆頭株主となる形でStatoil Fuel & Retail ASAが分割され、オスロ証券取引所に上場の運びとなった。

沿革[編集]

スタトイルの源流は、国営会社であるスタトイル、ノルスク・ハイドロの石油部門、ノルスク・ハイドロに1999年買収されたSaga Petroleumの3社である。

スタトイル (Statoil)[編集]

1972年7月14日、ノルウェーの立法府に当たるストーティングにおいて満場一致で議決したことにより、ノルウェー政府がDen Norske Stats Oljeselskap A/Sを非公開会社として設立した。会社設立の政治的動機は、ノルウェー大陸棚で石油産業に参入すること、国内の石油産業を育成し、国際競争力をつけることであった。スタトイルは産業省、その後石油産業省と協議の上で、事業運営しなければならず、また、年1回国会にアニュアルレポートを提出しなければならなかった。

1973年、スタトイルは石油化学産業における事業を取得しRafnesにある石油精製プラントを獲得、1980年にはノルスク・ハイドロと提携しMongstadのプラントを得ることとなった。1981年にはノルウェー大陸棚の油田、Gullfaksの操業を開始した。1987年~1988年にかけて、スキャンダル(en / no)が発覚し 、創業以来の最高経営責任者であったArve Johnsenが辞任に追い込まれた。

1980年代に、スタトイルは上流から下流まで一貫して携わる企業になることを決め、Statoilブランドのガソリンスタンドを建設し始めた。1985年にはエッソからデンマークとスウェーデンに展開していたガソリンスタンドを買収、1992年にはBPからアイルランドのガソリンスタンドを、1990年代半ばにはコノコフィリップスからガソリンスタンドを買収した。一方、2006年にはアイルランドのTopaz oilは売却している。冷戦終結後、スタトイルは東欧にもガソリンスタンドネットワークを構築し、事業を展開している。

2001年、スタトイルは民営化され、オスロ証券取引所とニューヨーク証券取引所に株式を上場、企業名をStatoil ASAと改称したが、ノルウェー政府が議決権の過半を保有(ノルスク・ハイドロの石油部門と合併した後も、ノルウェー政府が約3分の2を保有している[10])、経営権を支配している。2007年、スタトイルはカナダのAthabasca Oil SandsをNorth American Oil Sands Corporationから220億USDで買収した。

ハイドロ (Hydro)[編集]

1965年、ノルスク・ハイドロ(以下、ハイドロ)はフランスのエルフ・アキテーヌ(現・トタル)およびフランスの他の6つの会社と共同で北海にある石油および天然ガスの掘削を実施した。ハイドロはすぐに北海の石油産業の主要企業の一つとなり、多くの油田・ガス田を掘削することとなった。

ハイドロは1980年代後半にモービルのノルウェー、スウェーデン、デンマークにおけるガソリンスタンド部門を買収し、モービルブランドからハイドロブランドに変更した。1995年にはハイドロは、テキサコと共同出資してノルウェーとデンマークにガソリンスタンド事業を展開していたHydroTexacoを買収したが2006年にはReitan Groupにそれらを売却している。1999年にはハイドロは、ノルウェーとイギリスで上流部門を展開していたノルウェー第3の石油企業だったSaga Petroleumを買収したが、その後、イギリス部門は売却した。

合併[編集]

スタトイルハイドロ時代の商標
2011年6月20日、上場10周年記念を祝うニューヨーク証券取引所の様子

スタトイルとハイドロの合併は2006年12月に発表された[11]欧州経済領域のルールに従い、2007年5月3日に欧州連合は合併を承認[12]、ストーティングも6月8日に合併を承認した[3]。新会社の株式の67.3%は旧・スタトイルの株主が保有することとなり、残りの32.7%はノルスク・ハイドロが保有することとなった[12]。ノルウェー政府はスタトイル、ノルスク・ハイドロ双方の筆頭株主となり、スタトイルの株式の67%を保有することとなった[13]イェンス・ストルテンベルグ首相は「合併は新時代の始まりだ、われわれはグローバルに通用するエネルギー企業を作り、ノルウェーの石油・ガス産業を強化しないといけない」と語った[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Annual Report 2010”. Statoil. 2011年4月13日閲覧。
  2. ^ Offshore247 (2007年5月10日). “StatoilHydro signature unveiled”. 2007年6月20日閲覧。
  3. ^ a b Ocean Resources (2007年6月11日). “Norwegian Parliament Okays Statoil-Hydro Merger”. 2007年6月20日閲覧。
  4. ^ E24 (2006年12月19日). “Blant verdens 50 største”. 2007年10月18日閲覧。
  5. ^ Fortune Global 500 Industry: Petroleum Refining”. Fortune Magazine. CNNMoney.com (2009年7月20日). 2009年9月18日閲覧。
  6. ^ Fortune Global 500”. Fortune Magazine. CNNMoney.com (2009年7月20日). 2009年9月18日閲覧。
  7. ^ Our History”. Statoil. 2011年11月1日閲覧。
  8. ^ Our History”. Statoil Fuel & Retail. 2011年11月1日閲覧。
  9. ^ [1] Statoil opens for new ownership structure, Statoil.com, Published 2010-02-03, 08:31 CET. Updated 2010-02-03, 15:52 CET
  10. ^ Top 20 shareholders”. StatoilHydro (2010年4月20日). 2010年5月8日閲覧。
  11. ^ ノルスク・ハイドロ (2006年12月18日). “Hydro's oil and gas activities to merge with Statoil”. 2007年6月20日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ a b EU Business (2007年5月3日). “EU regulators approve Statoil, Norsk Hydro merger”. 2007年6月20日閲覧。
  13. ^ Statoil (10). “Top 20 shareholders”. 2010年9月17日閲覧。
  14. ^ Merger of Statoil and Hydro oil- and gas division - SMK 2006年12月18日(2007年1月4日時点のアーカイブ

外部リンク[編集]