スタッド・ドゥ・キャトル=ウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタッド・ドゥ・キャトル=ウ
Stade du 4-Août
Flickr - Jeff Attaway - Stade du 4-Août.jpg
施設情報
正式名称 Stade du 4 Août 1983
所在地 Rue 9.04
Ouagadougou, Burkina Faso
位置 北緯12度22分7秒
西経1度33分12秒
座標: 北緯12度22分7秒 西経1度33分12秒
開場 1984
修繕 1996
所有者 ブルキナファソ政府
運用者 OGIS
グラウンド
ピッチサイズ 105m x 68m
使用チーム、大会
エトワール・フィラント・ワガドゥグ
サッカーブルキナファソ代表
収容能力
35,000人

スタッド・ドゥ・キャトル=ウフランス語: Stade du 4-Août)は、ブルキナファソの首都ワガドゥグにある多目的スタジアムである。

歴史[編集]

この競技場は中華人民共和国の支援で建設され、1981年に起工、[1]1984年7月18日に竣工した[2]。 1996年、アフリカネイションズカップ1998の会場に選定されたため改修工事を行った。それは総工費800億CFAフランを掛けて、記者席やスコアボードのグレードアップなどを行った[1]

構造と設備[編集]

競技場の遠景
競技場の遠景

最大収容人数は35,000人で[3]、陸上競技のトラックも併設、そしてFIFA公認のサッカー競技施設である[4]。 場内は、トレーニングジムや事務室、会議室も備える[1]

利用実績[編集]

主にサッカーの試合に利用され、陸上競技のトラックも併設されている。また、エトワール・フィラントというサッカークラブがここを本拠地として構え、ブルキナファソ代表が度々試合を行っている。

1998年にはアフリカネイションズカップの決勝戦が行われた[4]。また2010年にはラグビーのアフリカ選手権が行われた[4]

他には、政治団体の集会やコンサート会場に使用されることがある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Blaise Dupuis; Pierrick Leu; Ola Söderström; Alexandra Biehler (2012). “Partie 3 : la mondialisation des formes urbaines à Ouagadougou, rapport de recherche”. In Institut de géographie et Fonds national suisse de la recherche scientifique (フランス語) (pdf). La mondialisation des formes urbaine à Hanoi et Ouagadougou. p. 209. http://www2.unine.ch/files/content/sites/inst_geographie/files/shared/documents/hanoi_ouaga/3_La_mondialisation_des_formes_urbaines_a_Ouagadougou_troisieme_partie.pdf 2013年10月22日閲覧。. 
  2. ^ Chronologie”. 2013年10月22日閲覧。
  3. ^ Stade du 4-Août” (フランス語). 2013年10月22日閲覧。
  4. ^ a b c Hamza R. (2012年6月6日). “Le stade du 4-Août prêt à accueillir le sommet” (フランス語). 2013年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
FNBスタジアム
ヨハネスブルク
アフリカネイションズカップ
決勝戦会場

1998
次代:
ラゴス国立競技場
ラゴス