スタックス (イヤースピーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有限会社スタックス
STAX Ltd.
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:354-0046
埼玉県入間郡三芳町竹間沢東7-1
設立 1996年
業種 電気機器
事業内容 コンデンサー型ヘッドホンの製造販売
代表者 代表取締役社長 目黒陽造
外部リンク http://www.stax.co.jp/
テンプレートを表示

有限会社スタックス (STAX) は、日本の音響機器メーカー。埼玉県入間郡三芳町に本社を置く。1938年(昭和13年)の創立以来、静電型のマイクロフォンカートリッジスピーカーヘッドホンを中心に、アンプCDプレーヤー等までを製造・販売してきたが、2009年1月現在では、静電型ヘッドホンとその関連製品に専業化している。

沿革[編集]

  • 1938年(昭和13年) 創立。
  • 1964年(昭和39年) 昭和光音工業株式会社からスタックス工業株式会社に社名変更。
  • 1996年(平成8年) スタックス工業株式会社の倒産により、業務を有限会社スタックスに移管。
  • 2011年平成23年)12月 中国企業の漫歩者科技Edifier Technology)に1.2億円で買収され、業務資本提携を行う[1][2]

イヤースピーカー[編集]

イヤースピーカーシステムの廉価モデル (Lambda Nova BASIC SYSTEM)。左がイヤースピーカー、右がドライバーユニット。(写真のモデルはスタックス工業時代のもので1994年製)

スタックス社の主力製品はコンデンサ型(静電型)ヘッドフォンである。スタックスではこれをイヤースピーカー(Earspeaker)と呼んでいる。通常、ヘッドフォンはアンプに接続して使用するが、同社のイヤースピーカーを使用するにはドライバーユニットと呼ばれる専用のアンプが必要である。

カナル型イヤホンのような小さなイヤースピーカーと電池駆動のドライバーユニットからなるポータブルモデルから、真空管を使用した超高級品のドライバーユニットまでラインナップされている。

その音は繊細で分解能が高く、「スピーカでこの音を出すには金額が2桁余分にかかる」とも言われる。

代表的な製品[編集]

イヤースピーカー(ヘッドフォン)

  • SR-009
  • SR-007A
  • SR-507
  • SR-407
  • SR-307
  • SR-003

ドライバーユニット(ヘッドフォンアンプ)

  • SRM-007tA
  • SRM-727A
  • SRM-006tS
  • SRM-323S

セット商品(イヤースピーカーとドライバーユニット)

  • SRS-4170
  • SRS-3170
  • SRS-2170
  • SRS-005S

脚注[編集]

外部リンク[編集]