スタセリタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタセリタ
Stacelita.jpg
現役期間 2008年 - 2011年
英字表記 Stacelita
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2006年4月17日(8歳)
Monsun
Soignee
母の父 Dashing Blade
生国 フランスの旗 フランス
カルヴァドス県
生産 Alec & Mme.Ghislaine Head
馬主 Ecurie Monastic & M.Schwartz
→Martin S.Schwartz
調教師 Jean-Claude Rougetフランス
→Chad Brown(アメリカ)
競走成績
生涯成績 18戦10勝(総合)
テンプレートを表示

スタセリタ (Stacelita) はフランスで生産された競走馬である。G1競走の勝ち鞍は2009年サンタラリ賞ディアヌ賞ヴェルメイユ賞2010年ジャンロマネ賞2011年ビヴァリーD・ステークスフラワーボウルインビテーショナルステークス

経歴[編集]

2008年・2009年(2歳・3歳)[編集]

2歳時の2008年10月に競走馬デビュー戦を迎え、フランク・ブロンデルが騎乗してデビュー初戦で初勝利を挙げた。しかしその後はレースに出走せずに2歳を終えた。

3歳となった2009年は、2月にイオリッツ・メンディザバルが騎乗して一般競走を制して2勝目を挙げ、続く3月のロゼデマイ賞(準重賞)はクリストフ・ルメールとのコンビでレースを制しデビュー戦以来3連勝を達成した。そして5月に重賞及びG1競走初挑戦となるサンタラリ賞に引き続きルメールとのコンビで1番人気に支持されて出走し、レースは重馬場のなか2着となったアーティクルレアに6馬身差をつけて圧勝し、無敗の4連勝で重賞及びG1競走初勝利を挙げた[1][2]。続く6月のディアヌ賞では圧倒的な1番人気に支持されて出走。レースでは馬なりで2番手につけ、最後の直線で先頭に立つと、2着のタマジルトに4馬身差をつけて圧勝した。休養を挟み、9月のヴェルメイユ賞ではダーレミのクビ差の2位に入線したが、ダーレミが5着に降着となったため繰り上がって優勝、G1競走3連勝となった。しかし、本番の凱旋門賞では7着に敗れ、デビューからの連勝が6でストップした。

2010年(4歳)[編集]

4歳となり、始動戦は5月23日イスパーン賞に出走したが、ゴルディコヴァの4着に終わった。6月14日のラ・クープに出走し、逃げ切り勝ちを収めた。7月にイギリスに渡り、ナッソーステークスに出走したがミッデイの2着に敗れた。 8月22日ジャンロマネ賞を快勝し、G1競走4勝目を挙げた。10月3日オペラ賞では1番人気に推されたが惜しくも2着に敗れた。香港へ遠征し、12月12日に行われた香港カップではスノーフェアリーの8着に終わった。

2011年(5歳)[編集]

始動戦のラ・クープで3着ののち、アメリカへ移籍し7月2日に行われたユナイテッドネイションズステークスでは3着に敗れた。8月13日ビヴァリーD・ステークス10月1日フラワーボウルインビテーショナルステークスを快勝した。 11月4日ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフでは1番人気に推されたがパーフェクトシールの10着に敗れた。そのレースを最後に引退し、繁殖牝馬入りする。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2008.10.20 サロン・ド・プロヴァンス エスポワール賞 芝1800m 1着 F.ブロンデル 2馬身 (Arestos)
2009.02.11 トゥールーズ シャトードー賞 芝2000m 1着 I.メンディザバル 2馬身 (Zilgara)
2009.03.14 サンクルー ロゼドゥメ賞 準重 芝2100m 1着 C.ルメール 4馬身 (Divine Comedy)
2009.05.17 ロンシャン サンタラリ賞 G1 芝2000m 1着 C.ルメール 6馬身 (Article Rare)
2009.06.14 シャンティイ ディアヌ賞 G1 芝2100m 1着 C.ルメール 4馬身 (Tamazirte)
2009.09.13 ロンシャン ヴェルメイユ賞 G1 芝2400m 1着 C.ルメール 短首 (Plumania)
2009.10.04 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m 7着 C.スミヨン 16馬身1/2 Sea the Stars
2010.05.23 ロンシャン イスパーン賞 G1 芝1850m 4着 C.スミヨン 5馬身 Goldikova
2010.06.14 ロンシャン ラ・クープ G3 芝2000m 1着 C.スミヨン 1馬身1/2 (Court Canibal)
2010.07.31 グッドウッド ナッソーS G1 芝9F192Y 2着 C.スミヨン 1馬身1/4 Midday
2010.08.22 ドーヴィル ジャンロマネ賞 G1 芝2000m 1着 C.スミヨン (Antara)
2010.10.03 ロンシャン オペラ賞 G1 芝2000m 2着 C.スミヨン 3/4馬身 Lily of the Valley
2010.12.12 沙田 香港カップ G1 芝2000m 8着 C.ルメール Snow Fairy
2011.06.13 ロンシャン ラ・クープ G3 芝2000m 3着 C.ルメール 3馬身1/4 Cirrus des Aigles
2011.07.02 モンマスパーク ユナイテッドネイションズS G1 芝11F 3着 J.ブラボ 1馬身 Teaks North
2011.08.13 アーリントンパーク ビヴァリーDS G1 芝9.5F 1着 R.ドミンゲス 1 1/4馬身 (Dubawi Heights)
2011.10.01 ベルモントパーク フラワーボウル招待S G1 芝10F 1着 R.ドミンゲス 2馬身 (Distorted Legacy)
2011.11.04 チャーチルダウンズ BCフィリー&メアターフ G1 芝11F 10着 R.ドミンゲス 5 1/2馬身 Perfect Shirl

血統表[編集]

スタセリタ血統ブランドフォード系 / 5代内アウトブリード

Monsun
1990 黒鹿毛
Konigsstuhl
1976 黒鹿毛
Dschingis Khan Tamerlane
Donna Diana
Konigskronung Tiepoletto
Kronung
Mosella
1985 鹿毛
Surumu Literat
Surama
Monasia Authi
Monacensia

Soignee
2002 鹿毛
Dashing Blade
1987 鹿毛
Elegant Air Shirley Heights
Elegant Tern
Sharp Castan Sharpen Up
Sultry One
Suivez
1990 鹿毛
Fioravanti Northern Dancer
Pitasia
Sea Symphony Faraway Son
Tamoure F-No.16-c

血統背景[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この勝利は、鞍上のルメールにとっては3連覇、ルジェ厩舎にとっては2年ぶり4度目の同競走制覇で、さらにルメールとルジェ厩舎のコンビは前週のプール・デッセ・デ・プーリッシュを制したイルーシヴウェーヴに続く2週連続G1競走制覇、またサンタラリ賞の次の競走であるイスパーン賞ネヴァーオンサンデーで制している。
  2. ^ サンタラリ賞、スタセリタが無傷の4連勝netkeiba.com2009年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]