スタス・スパーニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタス・スパーニン(Stass Shpanin, 1990年5月16日 - )は、アゼルバイジャン共和国バクー出身の画家。本名スタニスラフ・スパーニン(Stanislav Shpanin)。

高校生ながら多くの受賞歴を持ち、アメリカ、アゼルバイジャン共和国、ロシアイスラエルイタリアフランスイギリスなどの国で個展を開いた経験がある。2002年には「史上最年少のプロの画家」としてギネスブックに記載された。

作風[編集]

略歴[編集]

  • 4歳のときに両親からチェスか美術のどちらかを学べる機会を与えられ、美術を選択。
  • 7歳で初めての美術個展を開く。
  • 1999年にトレチャコフ美術館によって開催された国際美術コンテストで、世界中からの参加者3000人の中から優勝した。
  • 日本でも、平成12年度「浜の風景画コンテスト」で運輸大臣賞を受賞したことがある。
  • 2004年5月号のナショナル・ジオグラフィックに彼のことを書いた記事が掲載された。
  • 2005年3月にアメリカに移住、以降マサチューセッツ州スプリングフィールド在住。現在は現地のマクダフィー私立高校4年生。

外部リンク[編集]