スタジオ150

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタジオ150
ポール・ウェラーカバー・アルバム
リリース 2004年9月1日日本の旗
2004年9月14日イギリスの旗
ジャンル ロック
時間 45分51秒
53分59秒(日本盤)
レーベル V2レコード
プロデュース ポール・ウェラー
ヤン・カイバート
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(イギリス)
ポール・ウェラー 年表
Fly on the Wall - B Sides and Rarities
(2003年)
スタジオ150
(2004年)
アズ・イズ・ナウ
(2005年)
テンプレートを表示

スタジオ150(Studio 150)は、ポール・ウェラー2004年に発表したアルバム。V2レコードへの移籍第1弾アルバムで、全曲カヴァー。

解説[編集]

タイトルの「スタジオ150」とは、本作のレコーディングが行われたオランダアムステルダムのスタジオの名前。スパイス・ガールズザ・ヴァーヴ等と仕事をしたレコーディングエンジニアのヤン・カイバートを、共同プロデューサーに起用した。

イギリスでは通常版CDの他、DVD付初回盤、LPが同時発売された。後にドイツ・ベルリンでのラジオ・ライヴを収録した限定2枚組が発売された。 又、ウェラー初の5.1chサラウンド・ミックスが作られ、SACDで発売された。 日本盤は2曲のボーナス・トラックを収録、アメリカ盤は別カバー・デザインで初回盤には6曲入りボーナス・ディスクが付属された。

アルバム発売の翌月には、収録曲を中心としたスタジオ・コンサートの同名DVDが発売された。

収録曲[編集]

  1. イフ・アイ・クドゥ・オンリー・ビー・シュア - "If I Could Only Be Sure" - 3:41
    オリジナルはノーラン・ポーター
  2. ウィッシング・オン・ア・スター - "Wishing On A Star" - 5:09
    オリジナルはローズ・ロイス
  3. ドント・メイク・プロミス - "Don't Make Promises" - 3:19
    オリジナルはティム・ハーディン
  4. ボトル - "The Bottle" - 3:02
    オリジナルはギル・スコット・ヘロン
  5. ブラック・イズ・ザ・カラー - "Black Is The Colour" - 3:29
    スコットランド民謡
  6. クロス・トゥ・ユー - "Close To You" - 2:58
    オリジナルはカーペンターズ
  7. アーリー・モーニング・レイン - "Early Morning Rain" - 3:47
    オリジナルはゴードン・ライトフット
  8. ワン・ウェイ・ロード - "One Way Road" - 3:19
    オリジナルはオアシス
  9. ヘラクレス - "Hercules" - 3:27
    オリジナルはアーロン・ネヴィル
  10. シンキング・オヴ・ユー - "Thinking Of You" - 3:49
    オリジナルはシスター・スレッジ
  11. オール・アロング・ザ・ワッチタワー - "All Along The Watchtower" - 5:54
    オリジナルはボブ・ディラン
  12. バーズ - "Birds" - 3:29
    オリジナルはニール・ヤング
    日本盤は30秒の空白を経て下記ボーナス・トラック(シングル「ウィッシング・オン・ア・スター」のカップリング2曲)収録
  13. ファミリー・アフェアー - "Family Affair" - 3:14
    オリジナルはスライ&ザ・ファミリー・ストーン
  14. レット・イット・ビー・ミー - "Let It Be Me" - 4:17
    シャンソンの楽曲。英語版はエヴァリー・ブラザーズのヒットで有名

アメリカ盤ボーナス・ディスク[編集]

  1. Corrina Corrina
  2. Family Affair
  3. Coconut Grove
  4. Needle and Pins
  5. Let It Be Me
  6. Don't Go to Strangers

イギリス限定盤ボーナス・ディスク[編集]

  1. Thinking of You (Live Radio Session - RBB Sendesaal)
  2. The Bottle (Live Radio Session - RBB Sendesaal)
  3. One Way Road (Live Radio Session - RBB Sendesaal)
  4. Wishing on a Star (Live Radio Session - RBB Sendesaal)
  5. If I could only be Sure (Live Radio Session - RBB Sendesaal)
  6. Come Together

シングル及びカップリング曲[編集]

  • ボトル(全英13位)- 日本でも同じ形態でリリースされた
  • ボトル (Big Boss Man Remix)
    • ボトル - "Bottle (Big Boss Man Vocal Mix)"
    • ボトル - "Bottle (Big Boss Man Instrumental Mix)"
  • ウィッシング・オン・ア・スター(全英11位)- アルバムの日本盤CDにはカップリング曲も含めて全曲収録
    • ファミリー・アフェアー - "Family Affair"
    • レット・イット・ビー・ミー - "Let It Be Me"
  • シンキング・オヴ・ユー(Live at Riverside) [DVDシングル]
    • アーリー・モーニング・レイン - "Eary Morning Rain(Live at Riverside)"
    • ウィッシング・オン・ア・スター - "Wishing on a Star (Beta Band Remix)"

参加ミュージシャン[編集]