スタジオジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有限会社スタジオジャイアンツは、アニメーション制作のうち、作画作業を主な事業内容とする日本の企業である。1975年に角谷哲生が設立した。練馬アニメーション協議会会員。

概要[編集]

初代社長の角谷哲生は、古沢日出夫が創業した日動新プロ出身のアニメーターである。日動新プロは東映動画系のスタジオで、角谷は木村圭市郎の指導下で『ゲゲゲの鬼太郎』『あかねちゃん』など東映動画作品の原画・動画を担当し、経験を積んだ。そして、1975年に『ルパン三世(TV第2シリーズ)』の仕事仲間だった安東信悦らと原画作業を行なうスタジオとしてスタジオジャイアンツを設立し、翌1976年には構えた動画部門はスタジオライオンズ(雷音頭)と称した。

スタジオジャイアンツは、土田プロダクションとその後身にあたるスタジオコメット、それに葦プロダクションからの受注を仕事の中心としてきた。特に、葦プロダクションのテレビアニメ『花の魔法使いマリーベル』と『ジャンケンマン』は実質的な制作会社の役割を果たしたとされる。1990年代後半以降は、葦プロダクションから派生した制作会社XEBECの仕事を主とした。

2000年にはCG部門としてStudio GAOHを立ち上げ、CG作品にも対応するようになった。

2012年1月には角谷哲生が急逝したため、長男である角谷浩(CG部署担当)が同年4月より2代目社長に就任した。角谷が東京デザイナー学院の講師だった関係で、所属もしくは在籍していた人物には同校の出身者が多い。

絵コンテ担当者などの名義(法人ペンネーム、ハウスネーム)として、どじゃが げん(土蛇我 現、DOJAG-A-GEN)を使用している。スタジオジャイアンツの公式サイトでは、どじゃがげんのプロフィールは所属演出家である日下直義のものとなっている[1]

参加作品[編集]

土田プロダクション作品[編集]

スタジオコメット作品[編集]

葦プロダクション作品[編集]

XEBEC作品[編集]

その他[編集]

関連人物[編集]


[編集]

  1. ^ スタッフ 土蛇我 現”. スタジオジャイアンツ. 2014年4月21日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]