スコパロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコパロン
識別情報
CAS登録番号 120-08-1 チェック
PubChem 8417
ChemSpider 8110
特性
化学式 C11H10O4
モル質量 206.19 g mol−1
融点

143-145 °C, 416-418 K, 289-293 °F ([1])

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

スコパロン(Scoparone)は、C11H10O4分子式を持つ天然の有機化合物である。ハマヨモギに含まれ、免疫抑制血管拡張薬としての薬理作用が研究されている[2][3]

出典[編集]

  1. ^ 6,7-Dimethoxycoumarin”. Sigma-Aldrich. 2014年1月13日閲覧。
  2. ^ Huei-Chen, Huang; Shu-Hsun, Chu; Pei-Dawn Lee Chao, PD (1991). “Vasorelaxants from Chinese herbs, emodin and scoparone, possess immunosuppressive properties”. European Journal of Pharmacology 198 (2–3): 211–3. doi:10.1016/0014-2999(91)90624-Y. PMID 1830846. 
  3. ^ Huang, Huei-Chen; Lee, Chai-Rong; Weng, Yu-I; Lee, Ming-Chih; Lee, Yuan-Teh (1992). “Vasodilator effect of scoparone (6,7-dimethoxycoumarin) from a Chinese herb”. European Journal of Pharmacology 218 (1): 123–8. doi:10.1016/0014-2999(92)90155-W. PMID 1327821.