スコパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコパス作『ポトス像』のローマの大理石の複製。ローマ、カピトリーノ美術館

スコパスScopas or Skopasギリシャ語Σκόπας), 紀元前395年頃 - 紀元前350年)は、古代ギリシア彫刻家建築家パロス島の出身。

スコパスはプラクシテレスと一緒に仕事をした。マウソロス霊廟の彫刻の一部、とくにレリーフはスコパスが制作したものである。テゲアーen:Tegea)に建てられたアテーナー・アレア神殿もスコパスの指揮で作られた。リュシッポスと同様、スコパスもギリシア・クラシック時代en:Ancient Greek)の彫刻家ポリュクレイトスの後継者であった。

ほぼ正方形の顔、深く窪んだ目、わずかに開かれた口が、スコパスの人物彫像の特徴である。

スコパスの作品(複製)は、以下の場所にある。

読書案内[編集]

  • Andreas Linfert: Von Polyklet zu Lysipp. Polyklets Schule und ihr Verhältnis zu Skopas v. Paros. Diss. Freiburg i. B. 1965.
  • Andrew F. Stewart: Skopas of Paros. Noyes Pr., Park Ridge, N.Y. 1977. ISBN 0-8155-5051-0
  • Andrew Stewart: Skopas in Malibu. The head of Achilles from Tegea and other sculpures by Skopas in the J. Paul Getty Museum J. Paul Getty Museum, Malibu, Calif. 1982. ISBN 0-89236-036-4