スコット・ラファロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・ラファロ
基本情報
出生名 Rocco Scott LaFaro
出生 1936年4月3日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州
ニューアーク
死没 1961年7月6日(満25歳没)
ジャンル ジャズ
モダン・ジャズ
ビバップ
職業 ベーシスト
担当楽器 コントラバス
活動期間 1955年-1961年
レーベル リバーサイド・レコード、他
共同作業者 ビル・エヴァンス
スタン・ゲッツ

ロコ・スコット・ラファロ(Rocco Scott LaFaro、1936年4月3日 - 1961年7月6日)は、アメリカジャズベーシスト20世紀モダン・ジャズにおいて重要な役割を果たした一人。ビル・エヴァンス・トリオの一員としてよく知られている。

略歴[編集]

ニュージャージー州ニューアークシチリア系の音楽家の一家に生まれ育った(父親は色々なビッグバンドに所属し演奏していた)。小学校の時にピアノをはじめ、その後中学校でクラリネット、高校に入りテナーサックスを始めた。彼がコントラバスを手にしたのは大学に入る前の夏のことで、大学の音楽科で弦楽器が必修のためだった。大学に入り約3ヶ月後にはベースに専念することを決意した。

音楽を勉強するために大学に入ったが、2年目にバディー・モロー率いるビッグバンドに加わるために中退した。その後、自分の運をロサンゼルスのミュージックシーンで試すため、クロス・カントリー・ツアーを終えた後、ビッグバンドを去る。その後すぐ仕事を見つけることができ、若手ベーシストの中でも著名な一人として知られるようになった。

その後チェット・ベイカーパーシー・ヒースヴィクター・フェルドマンスタン・ケントンベニー・グッドマンなど色々な有名ジャズミュージシャンと共演した後、1959年ビル・エヴァンスと活動を共にする。その時エヴァンスはマイルス・デイヴィス・セクステットから脱退したばかりで、2人はドラムのポール・モチアンを加えてトリオを結成した。ラファロのインタープレイは、エヴァンスのピアノと対等に渡り合った。1960年代初頭には、エヴァンスとの活動のほか、ブッカー・リトルと共演、またオーネット・コールマンのアルバム『フリー・ジャズ』にも参加している。

1961年6月25日、ビル・エヴァンス・トリオの一員として「ヴィレッジ・ヴァンガード」で行ったライブは、後に『Sunday At The Village Vanguard』『ワルツ・フォー・デビイ』の2枚のアルバムとして発表された。その後、ニューポート・ジャズ・フェスティバルスタン・ゲッツと共演するが、その2日後にニューヨーク州ジェニヴァ近郊のフリントで交通事故に遭い、死去した。その革新的なアプローチはジャズベースの演奏を再定義し、多くの同世代、また後進のベーシストらに影響をあたえた。

外部リンク[編集]