スコットランドの国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコットランド国歌(案)
オールド・ラング・サイン
スコットランドの花
勇敢なるスコットランド
スコットランドのアザミ
その他

国歌の対象
スコットランドの旗 スコットランド

テンプレートを表示
イギリスの構成国。

スコットランドの国歌では、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の構成国(country)のひとつスコットランドの国歌について説明する。現在、スコットランドの国歌として公に定められたものはない。[1] しかしたくさんの曲が「事実上の国歌」として使用されている。有名なものでは『スコットランドの花』や『勇敢なるスコットランド』である。このスコットランドでこの文脈上においては、『女王陛下万歳』はイギリスの国歌であると扱われる。

2004年スコットランド議会に移譲された弁護士らが、イギリス議会に議案にするように示唆を継続しつつ、スコットランドの国歌を選ぶことはスコットランド議会の法的な権限内であると助言した。 [2] この判決は理念においていくらかの関心を引き、スコットランド緑の党のサポートによってスコットランド請願員会への請願が、「国歌問題」を優先順位のある問題だとかんがえずに、行動をとらない選択をしたスコットランドの政権幹部への勧告なしで、言及された。 [3][4] 続いて、スコットランド国歌についての議論の再開が試みられた。 [5]

現在の運用状況[編集]

国際スポーツ競技会では『スコットランドの花』が国歌として使用されている。これらスポーツイベントにはサッカースコットランド代表ラグビーユニオンスコットランド代表も含まれる[6]。2010年のコモンウェルスゲームズではスコットランドの勝利の曲として『勇敢なるスコットランド』に替えて使用された[7]

国歌の候補[編集]

2006年6月に、ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団がオンライン世論調査をウェブサイトで行い、スコットランド国歌に相応しい曲をウェブサイト閲覧者に尋ねた。10,000以上の投票のうち『スコットランドの花』が41%の得票率で第1位となり『勇敢なるスコットランド』が29%で第2位と続いた。[8]

投票率 (%)
『スコットランドの花』 41%
『勇敢なるスコットランド』 29%
ハイランドの大聖堂 16%
"w:A Man's A Man for A' That" 7%
"w:Scots Wha Hae" 6%

他に示唆された曲にはロバート・バーンズの『オールド・ラング・サイン』やハーミッシュ・ヘンダーソンの 『自由が汝のもとに来れることを("w:Freedom Come-All-Ye")』があった。[9][10] これらの曲の両方とも、それぞれ18世紀から20世紀に、スコットランド語で書かれたものである。もう一つの示唆は1902年に発表された『スコットランドのアザミ(The Thistle o' Scotland)』である。これはもともとスコットランドゲール語で作曲されていたが、スコットランド語に翻訳された。 [11]

将来の議論[編集]

『ザ・スコッツマン(w:The Scotsman)』紙の援護があるにも関わらず、スコットランド議会は国歌問題で議会を招集していない。Holyrood's Enterprise Committeeとともに、スコットランド国民党の MSP マイケル・マセソンは本件においての活動を否定している。[12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]