スギタケ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スギタケ属
ナメコ
 ナメコ Pholiota nameko
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 菌じん綱 Hymenomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: モエギタケ科 Strophariaceae
: スギタケ属 Pholiota
学名
Pholiota
(Fr.) P.Kumm. (1871)

P. communis P. flammans P. malicola P. squarrosa P. variicystis

スギタケ属(Pholiota)は、小型で多肉質のモエギタケ科キノコである。この属のきのこは、温帯を中心に世界中に広く分布し、ナメコなど150種を含む[1]。学名のPholiotaは、「うろこ」を意味するギリシア語の単語pholisに由来する[2]

詳細[編集]

スギタケ属は、粘着質のかさを持ち、木に生育し、胞子紋が茶色という特徴を持つ。胞子は、発芽孔を持ち、滑らかであるが、発芽孔は、種によっては非常に小さくなる。

出典[編集]

  1. ^ Kirk PM, Cannon PF, Minter DW, Stalpers JA. (2008). Dictionary of the Fungi (10th ed.). Wallingford: CABI. p. 524. ISBN 978-0-85199-826-8. 
  2. ^ Carleton Rea (1922). British Basidiomycetaceae: a Handbook to the Larger British Fungi. Cambridge, UK: Cambridge University Press. pp. 61.