スキンカリオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スキンカリオール
Schincariol
Schincariol.svg
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 ブラジルの旗 ブラジル
サンパウロ州イトゥー
設立 1939年
事業内容 ビール・清涼飲料水の製造、販売
従業員数 10,000人(2010年度)
主要株主 キリンホールディングス
テンプレートを表示

スキンカリオール(Schincariol)はかつてブラジルに存在したビール及び清涼飲料水メーカーである。2011年、キリンホールディングスの完全子会社となり、[1]2012年に社名をブラジルキリンに変更した。[2]

概要[編集]

1939年、プリモ・スキンカリオール(Primo Schincariol)によってイトゥー市で創業された。当初は清涼飲料水とリキュール類を販売。1980年代、独自のビールブランド「スキンカリオール」を発売してビール業界に参入。1990年代以降に工場の新設を開始し、2000年代には複数の地ビール会社の買い取りを行い、急成長を見せた。地場のビールメーカーとしては10%台の販売シェアながら首位(ブラジル国内の首位はアンハイザー・ブッシュ・インベブ)。こうした点などが評価され、2011年には日本のキリンホールディングスに買収され子会社化された[3]

主な商品[編集]

  • ビール
    • ノヴァ・スキン(Nova Schin)
    • デヴァッサ(Devassa)
    • バデン・バデン(Baden Baden)
    • アイゼンバーン(Eisenbahn)
  • 清涼飲料水
    • イトゥバイーナ(Itubaína)

キリンによる買収と社名変更[編集]

2011年8月2日、キリンはスキンカリオール創業者の息子であるアレシャンドレ・スキンカリオールとアドリアーノ・スキンカリオールのアレアドリ社(スキンカリオールの持ち株比率50.45%)から39億5千万レアルでその持株を買収し、スキンカリオールを子会社化することを発表。しかし、スキンカリオールは同族会社であり、創業者一族からの買収方法が定款に抵触し、無効であるものとして少数株主に訴えられた。イトゥー市裁判所は、同年8月4日に仮処分申請を部分的に認めたが、同年10月11日、サンパウロ州裁判所はで当該命令を取り消す旨の決定を下した。[4]。翌11月4日、キリンはスキンカリオールの少数株主であるジャンダルジ社が保有していた49.54%を23億5千万レアル(約1050億円)で取得し、完全子会社化すると発表。なお、提起されていた仮処分及び訴訟申し立てについては、全当事者間で取り下げの合意書が締結され、イトゥー市裁判所の承認を経て終結。[1]

2012年11月12日、キリンはスキンカリオールの社名を「ブラジルキリン」へ変更することとそれに合わせた新ロゴを発表した。[2]

出典[編集]

  1. ^ a b キリン、買収劇に決着 スキンを100%子会社化”. サンパウロ新聞 (2011年11月7日). 2014年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 「ブラジル・キリン」誕生 主力ビールは継続販売へ”. サンパウロ新聞 (2012年11月14日). 2014年10月4日閲覧。
  3. ^ スキンカリオール・グループの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(キリンホールディングスのホームページ2011年8月2日)
  4. ^ キリン、スキンカリオールの株式取得に20億レアル以上(ブルームバーグ記事 2011年9月30日)2011年10月15日閲覧

外部リンク[編集]