スキンカリオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スキンカリオール
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 ブラジルの旗 ブラジル
サンパウロ州イトゥー
設立 1983年
事業内容 ビール・清涼飲料水の製造、販売
従業員数 10,000人(2010年度)
主要株主 キリンホールディングス
テンプレートを表示

スキンカリオール(Schincariol)は、ブラジルビール清涼飲料水メーカー。

概要[編集]

1983年創業の新興のビール、飲料メーカーであるが、2000年代に入ると急成長を見せた。地場のビールメーカーとしては10%台の販売シェアながら首位(ブラジル国内の首位はアンハイザー・ブッシュ・インベブ)。こうした点などが評価され、2011年には日本のキリンに買収され子会社化された[1]

ビール・ブランド[編集]

  • ノヴァ・スキン

キリンによる買収[編集]

2011年8月2日、キリンはスキンカリオールの持株会社であるアレアドリ社(持ち株比率で50.45%)の買収を発表。しかしスキンカリオールは同族会社であり、創業者一族から買収方法が定款に抵触し無効であるものとして訴えられた。イトゥー市裁判所は、同年8月4日に仮処分申請を部分的に認めたが、同年10月11日、サンパウロ州裁判所はで当該命令を取り消す旨の決定が下した。一方、裁判と平行して創業者一族から残りの株式について買収交渉が行われていることも報じられており、将来的に完全子会社となることが見込まれている[2]

出典[編集]

  1. ^ スキンカリオール・グループの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(キリンホールディングスのホームページ2011年8月2日)
  2. ^ キリン、スキンカリオールの株式取得に20億レアル以上(ブルームバーグ記事 2011年9月30日)2011年10月15日閲覧

関連項目[編集]