スキャブデイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スキャブデイツ
マーズ・ヴォルタライブ・アルバム
リリース 2005年11月2日日本の旗[1]
2005年11月8日アメリカ合衆国の旗[2]
録音 2004年5月 - 2005年5月
ジャンル プログレッシブ・ロック、エクスペリメンタル・ロック、ポストロック
時間 72分56秒
レーベル Gold Standard Laboratories
ユニバーサルミュージック
プロデュース オマー・ロドリゲス・ロペス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 76位(アメリカ[3]
  • 141位(日本[1]
マーズ・ヴォルタ 年表
フランシス・ザ・ミュート
(2005年)
スキャブデイツ
(2005年)
アンピュテクチャー
(2006年)
テンプレートを表示

スキャブデイツ』(Scabdates)は、アメリカ合衆国バンドマーズ・ヴォルタ2005年に発表したライブ・アルバム。日本で先行発売された[4]

解説[編集]

2004年5月から2005年5月にかけて録音されたライブ音源が収録されており、2005年9月にサウンド・シティ・スタジオにおいて編集及びミキシングが行われた[5]。『ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム』(2003年)からの「テイク・ザ・ヴェール・サーピン・タクスト」は3トラックに分けて収録され、そのうち「アンド・ゴーステッド・パウツ」は映画『伝説のロックスター再生計画!』(2010年公開)のサウンドトラックで使用された[6]。また、「サイカトリズ」は5トラックに分けて収録されている。

音楽評論家のJohnny Loftusはオールミュージックにおいて「スタジオ・レコードと同様に楽曲は継ぎ目なく流れ、サブ・タイトルが付けられて枝葉に分かれている」「『スキャブデイツ』は単なる遺物のライブ・アルバムではなく、これもまたマーズ・ヴォルタの世界への興味深い窓口」と評している[7]。イギリスの音楽雑誌NMEが2011年3月9日に発表した「オールタイム・グレイテスト・ライブ・アルバム50」では39位にランク・インした[8]

収録曲[編集]

全曲ともオマー・ロドリゲス・ロペスとセドリック・ビクスラー・ザヴァラの共作。

  1. アブレイションズ・マウント・ザ・ティンパニ - "Abrasions Mount the Timpani" - 4:07
  2. テイク・ザ・ヴェール・サーピン・タクスト - "Take the Veil Cerpin Taxt" - 5:56
  3. A)ガスト・オブ・マッツ - "A. Gust of Mutts" - 2:34
  4. B)アンド・ゴーステッド・パウツ - "B. And Ghosted Pouts" - 4:52
  5. カヴィリア - "Caviglia" - 2:45
  6. コンチェルティーナ - "Concertina" - 4:17
  7. ハラスペクス - "Haruspex" - 5:23
  8. サイカトリズ - "Cicatriz" - 8:16
  9. A)パート1 - "A. Part I" - 2:33
  10. B)パート2 - "B. Part II" - 7:39
  11. C)パート3 - "C. Part III" - 4:27
  12. D)パート4 - "D. Part IV" - 20:00

参加ミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]