スキポール駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スキポール駅
駅入口
駅入口
Station Schiphol
所在地 オランダの旗 Haarlemmermeer, Netherlands
所属事業者 オランダ鉄道(NS)
駅構造 地下駅
ホーム 3面6線
開業年月日 1978年12月21日
乗入路線 3 路線
所属路線 ウエースプ-ライデン線オランダ語版
キロ程 ?km(ウエースプ起点)
所属路線 アムステルダム中央-スキポール線オランダ語版
キロ程 17.1km(アムステルダム中央起点)
所属路線 オランダ南高速線
キロ程 17.1km(アムステルダム中央起点)

スキポール駅Station Schiphol)はオランダハーレマーメール市にあるスキポール空港空港ターミナルビル直下にあるオランダ鉄道

駅施設と商業施設をまとめて、スキポール・プラザ(Schiphol Plaza/NS)と呼ばれることもある。

主な路線[編集]

アムステルダム中央駅方面

  • Intercity(1時間に2本)、快速 Sneltrein(1時間に2本)、普通 Stoptrein(1時間に3本)

ユトレヒト中央駅アイントホーフェン方面

  • Intercity(1時間に2本)

アムステルダム南駅ヴェースプレリスタットアペルドールン方面

  • Intercity(1時間に2本)、普通 Stoptrein(1時間に8本)

ライデン中央駅デン・ハーグHS駅ロッテルダム中央駅ブリュッセル方面

  • 高速列車 Thalys(1時間に1本)、Intercity(1時間に3本)、快速 Sneltrein(1時間に2本)、普通 Stoptrein(1時間に2本)

駅構造[編集]

島式3面6線のホームを持つ地下駅。コンコースや切符売場は地上階(日本で言うところの1階相当)のターミナルビル内にあり、プラットホームは地下1階にある。なお、オランダの他の駅と同じく、改札口は存在しない。

駅施設[編集]

コンコース(地上階)
  • 窓口(切符予約・販売、サービス窓口)NS-service en verkooppunt
国内、国際、高速鉄道のそれぞれで窓口を持つ
営業時間:24時間。ただし高速鉄道窓口のみ6時15分から21時30分
  • 自動券売機 Kaartautomaten
紙幣利用不可(クレジットカードが利用可能な端末あり)。
国内線の切符は発券手数料が掛からない(窓口は発券手数料が掛かる)。
  • エスカレータ及びエレベータ
  • スキポール・プラザ Schiphol Plaza/NS
スキポール駅コンコース及び空港ターミナルビルの地上階にあるショッピングセンターバーガーキング(ファストフード)やAKO(キオスク)などの他の国内駅と同様の店舗と、空港利用客をターゲットとした店舗などがある。
GWKやABN AMROの両替窓口やATMは、空港ターミナルビル地上階側にある。

駅周辺[編集]

バス[編集]

Schiphol Centrum Plaza/NS バス停留所が、スキポール駅の前に設けられている

なお、アムステルダムライツェ広場へ向かう370系統や197系統バスの一部は、途中の停留所で運転が打ち切られる系統もある。また、300系統のバス(Zuidtangent路線)は、バス専用道路を走る急行路線である。2008年現在、ストリッペンカールト(回数券)で支払いを行う場合、鉄道より割安にそれぞれの目的地まで乗車できる場合が多い。

時刻表検索と乗り継ぎ案内は9292OV、運賃システムは国内交通料金収受システムをそれぞれ参照

高速化[編集]

アムステルダム中央駅パリ北駅間を走る高速列車Thalysは、2009年に、スキポールとアントウェルペン間にHSL-ZuidHSL 4などの高速新線が開業し、所要時間が短縮された。

隣の駅[編集]

アムステルダム方面

ロッテルダム方面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]