スキップジャック (暗号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Skipjack
一般
設計者 NSA
初版発行日 1998年に機密指定解除
暗号詳細
鍵長 80 bits
ブロック長 64 bits
構造 Feistel構造
ラウンド数 32
最良の暗号解読
不能差分攻撃により31ラウンドまで(しらみつぶし検索よりわずかに速い)

スキップジャックとは、アメリカの国家安全保障局(NSA)が開発した暗号化アルゴリズム

1993年に発表された「クリッパーチップ」に使用される事になった為に有名になった。但し、詳細は明らかにされておらず、鍵長80ビット、ブロック長64ビット、非線形変換を32回繰り返している、と言う程度しか判明していない。

関連項目[編集]