スカルダート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スカルダートは、アニメ映画『ヤマトよ永遠に』及びそれを原作としたPS2用ゲーム『宇宙戦艦ヤマト 暗黒星団帝国の逆襲』『宇宙戦艦ヤマト 二重銀河の崩壊』の登場人物。声優大平透(アニメ版)、小林清志(ラジオドラマ版[1])、銀河万丈(ゲーム版)。

本項では、『永遠に』の前作『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』に登場するグレートエンペラーについても記述する。

概要[編集]

暗黒星団帝国の聖総統。襟足が豊かな金髪が特徴の初老の男性といった容貌であるが、実際はアルフォンをはじめ他の暗黒星団帝国人と同様、首から下を機械に置き換えたサイボーグである。前述の容貌で地球人へ偽装したマスクの下に存在する素顔も、表皮は水色、頭部は無毛、そして眼は硝子体部分が他の暗黒星団帝国人とは違う赤色となっている。

劇中での活躍[編集]

ヤマトよ永遠に
地球に偽装したデザリアム星の地下宮殿でサーダに案内されてきたヤマトの乗組員の前に現れ、自らを200年後の地球人と称して降伏を勧める。しかし、それを拒否して飛び立ったヤマトの中で乗組員が偽装を看破した上、新波動砲黒色戦艦グロデーズとその艦隊を撃破したことによってデザリアム星の偽装も剥がしたことに伴い、上記の素顔を晒した。デザリアム星に残ってヤマトの侵入を手引きしていたサーシャに怒り、サーダの元を離れてサーシャを追跡して射殺したが、その際に自らも相討ちに近い形で瀕死の重傷を負う。ヤマトを脱出させまいと内部からの脱出口を閉じるべく足掻くが、サーシャの死を目の当たりにした古代進の怒りが込められた新波動砲を受け、中心核と共に消滅した。
ゲーム版
後述するグレートエンペラーが存在しないため、『新たなる旅立ち』に相当する『宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶』から登場する。『イスカンダルへの追憶』では声のみの登場でグレートエンペラーの役割を果たすのみであるが、『暗黒星団帝国の逆襲』『二重銀河の崩壊』では姿を黒く隠して再三登場。ヤマトの接近にもまったく臆さずにデザリアム星を未来の地球へ偽装し、本性を現して「歓迎」する。最後はサーシャの始末を警備兵にまかせて自ら追いかけず、玉座でサーダと共にヤマトの新波動砲で消滅した。

グレートエンペラー[編集]

暗黒星団帝国の初登場作『新たなる旅立ち』に登場する、元首らしき人物。声優は木村幌。通信機から発せられる声だけの登場であり、「聖総統」の肩書きを持つスカルダートと同一人物であるかは『永遠に』でも描かれなかった。

宇宙戦争に必要なエネルギー資源を欲し、それに該当するガミラシウムをガミラス星から、イスカンダリウムをイスカンダル星から獲得するためにマゼラン方面軍を派遣するが、このことがガミラス星の消滅とイスカンダル星の暴走を招くこととなる。

物語終盤には、地球の侵略も窺わせている。

出典[編集]

  1. ^ 「ラジオドラマ『ヤマトよ永遠に』」『アニメージュ』1980年8月号、徳間書店、p.34

外部リンク[編集]