スカタライツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・スカタライツ
The Skatalites
2008年12月3日、スペイン、グラナダでの演奏。}
2008年12月3日、スペイングラナダでの演奏。
基本情報
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
ジャンル スカ
活動期間 1963年 - 1965年
1986年 -
公式サイト Skatalites Official Web Site
メンバー
Doreen Shaffer
Lester "Ska" Sterling
Karl "Cannonball" Bryan
Vin Gordon
Devon James
Ken Stewart
Kevin Batchelor
Val Douglas
旧メンバー
Tommy McCook
Rolando Alphonso
Lloyd Brevett
Don Drummond
Jah Jerry Haynes
Jackie Mittoo
Johnny Moore
Jackie Opel
Lloyd Knibb

ザ・スカタライツ (The Skatalites) は、スカの流行に大きな役割を果たした、ジャマイカバンドである。

概要[編集]

1963年、音楽プロデューサーコクソン・ドッドが、自らのレーベルスタジオ・ワンのハウスバンドとして集めたのが始まり。ジャッキー・ミットゥドン・ドラモンドローランド・アルフォンソトミー・マクックらを中心に、年齢を超えたジャズ演奏家たちで構成された。

『ガンズ・オブ・ナバロン (Guns of Navarone)』[1]を含む彼らの最もよく知られている歌の多くは、1964年と1965年の間に録音された。

トロンボーン奏者のドン・ドラモンドのアレンジによる『マン・イン・ザ・ストリート (Man In The Street)』がUKのトップ10に入った。

1965年1月1日、ドン・ドラモンドがガールフレンドの殺人によって投獄される。そしてその年の8月、スカタライツは最後のショーを行っている。ドン・ドラモンドは、1969年5月6日、37歳で死亡する。

解散後、ローランド・アルフォンソとジャッキー・ミットゥはスタジオ・ワンに残りソウル・ブラザーズを結成。トミー・マクックはデューク・リードの下へ移りスーパー・ソニックスを結成する。共に多くのロックステディのアーティストのバックを務めた。

1980年代、ジャマイカ島外に移住していたオリジナルメンバーらを中心に再結成される。1989年4月に初来日。2002年には世界ツアーを行なっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 映画『ナバロンの要塞』のテーマ曲のスカアレンジ。

外部リンク[編集]