スカウトの最初のキャンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スカウトの最初のキャンプ (The first Scout camp) とは、1907年8月初旬(7月29日から31日に集合、8月1日から8日まで野営)、ロバート・ベーデン=パウエル卿(以下B-P)と20名[1]の少年たちがブラウンシー島ボーイスカウトの実験のために行った8日間のキャンプのこと。

イギリス海峡に面したボーンマスの西側、プール湾 (Poole Harbour) 内に浮かぶブラウンシー島で行われた。現在、島にはこれを記念する石碑(スカウト・メモリアル・ストーン)が立っている。

スカウト・メモリアル・ストーン

B-Pが、この島に住居を持っていたチャールズ・バン・ラールト夫妻から招待を受けたことをきっかけにして、自然が豊富で余人に邪魔されず、ロンドンからのアクセスが比較的容易なこの島でボーイスカウトの実験を行うこととした。

参加した少年たちは、イートン校ハーロウ校などの有名パブリック・スクールから中産階級の子弟が、ボーンマスやプール地域から労働者階級の子弟から招かれた。

このキャンプに参加した"スカウト"[編集]

4班21名[2]。各班(パトロール)にはひとりの班長(パトロールリーダー)が任命され、彼を含め5-6名がひとつの班を形成する。

「ベーデン-パウエル:英雄の2つの生涯」での記録[編集]

  • シギ 班(Curlews):
    • マスグレイブ・C・ロートン(Musgrave(Bob) C. Wroughton) :パトロールリーダー
    • セドリック・I・カーティス(Cedric I. Curteis)
    • ジョン・マイケル・エヴァンズ-ロム(John Michael Evans-Lombe)
    • パーシー・アーサー・メドウェイ(Percy Arthur Medway)
    • レジナルド・ウォルター・ジャイルズ(Reginald Walter Giles)
    • サイモン・ロドニー(Simon Rodney)
  • カラス班(Ravens):
    • トーマス・ブライアン・エクトン・エヴァンズ-ロム(Thoamas Brain Achton Evans-Lombe) :パトロールリーダー
    • アーサー・プリマー(Arthur Primmer)
    • アルバート・ブランドフェード(Albert Blandford)
    • ジェイムズ・H・B・ロドニー(James H. B. Rodney)
    • マーク・ノーブル(Marc Noble)
  • 班(Wolves):
    • ジョージ・ロドニー(George Rodney) :パトロールリーダー
    • ハーバード・ワッツ(Herbert(Bertie) Watts)
    • J・アラン・ヴィヴィアン(J. Alen Vivian)
    • テレンス・エワート・ボンフィールド(Terence Ewart Bonfield)
    • リチャード・グラント(Richard Grant)
  • 雄牛班(Bulls):
    • ハーバート・エムリー(Herbert Emley) :パトロールリーダー
    • エゼルバート・ジェイムズ・タラント(Ethelbert James Tarrant)
    • ハーバード・コリンボーン(Herbert Collingbourne)
    • ウィリアム・ロドニー(William Rodney)
    • ハンフリー・B・ノーブル(Humphrey B. Noble)

「ボーイスカウトが目指すもの -世界のボーイスカウト運動の100年-」での記録[編集]

  • 狼班:
    • マスグレイブ・ロートン:パトロールリーダー
    • セドリック・カーティス
    • ジョン・エヴァンズ-ロム
    • レジナルド・ジャイルズ
    • パーシー・メドウェイ
  • 雄牛班:
    • トーマス・ブライアン・エヴァンズ-ロム:パトロールリーダー
    • バーティ・ブランドフェード
    • マーク・ノーブル
    • アーサー・プリマー
    • ジェームズ・ロドニー
  • シギ(ダイシャクシギ)班:
    • ジョージ・ロドニー:パトロールリーダー
    • テリー・ボンフィールド
    • リチャード・グラント
    • アラン・ヴィヴィアン
    • ハーバード・ワッツ
  • カラス(ワタリガラス)班:
    • ハーバート・エムリー:パトロールリーダー
    • ハーバード・コリンボーン
    • ハンフリー・ノーブル
    • ウィリアム・ロドニー
    • バーティー・タラント
  • 成人のリーダー
    • B-P
    • ドナルド・ベーデン=パウエル
    • パーシー・W・エヴァレット
    • ジョージ・ウォルター・グリーン
    • ケネス・マクラーレン
    • ヘンリー・ロブソン
    • ウィリアム・スティーブンス
    • 軍人のコック(氏名不詳)

関連事項[編集]

出典・脚注[編集]

  • ウィリアム・ヒルコート 『ベーデン-パウエル : 英雄の2つの生涯』 根岸眞太郎監修、安齋忠恭監訳、産業調査会、1992年、ISBN 4882821184
  • イギリススカウト連盟 『ボーイスカウトが目指すもの -世界のボーイスカウト運動の100年-』 山と渓谷社。
[ヘルプ]
  1. ^ ブラウンシー島に招待されたのは21名だが、1名は病気(一説には船酔い)で帰宅したため、8月1日からのキャンプ自体には不参加。
  2. ^ 病気でキャンプに参加できなかったスカウト1名を含む。