スオーナダフェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
周防灘フェリー株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
745-0025
山口県周南市築港町9番1号
業種 海運業
外部リンク http://www.suonada.co.jp/
テンプレートを表示

周防灘フェリー株式会社は、山口県周南市に本拠を置く海運会社。本州と九州東部(国東半島)を結ぶフェリースオーナダフェリー』を運航している。

社名について[編集]

社名は就航海域の周防灘に由来している。登記上の商号は『周防灘フェリー株式会社』であり、元々は『周防灘フェリー』と名乗っていたが、現在は公式サイトをはじめとする案内での表記はカタカナの『スオーナダフェリー』に統一されている。

航路(カーフェリー)[編集]

  • 徳山港(山口県周南市築港町) - 竹田津港大分県国東市国見町竹田津)(愛称:アローライン)
    • 所要時間:2時間(海上距離48km)
    • 就航船舶:ニューくにさき(725トン)
    • 1日5往復就航。深夜便があり終夜運航を行っている。
    • 陸路(関門海峡経由)に比べ、瀬戸内地域と大分方面を短絡するため、一定の利用がある。
    • 利用者の減少から2011年2月1日より減船し、1隻5往復に減便となった。これにより1972年から約38年使われて来た進光丸が引退した[1][2]

かつて就航していた航路[編集]

  • 徳山港(山口県周南市) - 国東港(大分県国東市国東地区)
    • 正式には航路廃止ではなく休止中の扱い。

関連項目[編集]

  • 別府ゆけむり号 - 広島市別府市大分市を結ぶ高速バス。途中で当フェリーを利用する。航路の就航スケジュールに併せて迂回路での運行となる場合がある。
  • 宿毛フェリー - 周防灘フェリーは、2004年の航路休止後に設立された新会社における関連会社である。

注釈[編集]

  1. ^ 運行ダイヤ変更(予定)のお知らせ - スオーナダフェリー 2010年12月1日
  2. ^ 周防灘フェリー、1日5往復に減便 11年2月から - asahi.com 山口 2010年12月2日。記事内で「現在の2隻による運航から「ニューくにさき」(725トン)1隻に減船し」と記載あり。

外部リンク[編集]