スウィフトシュア (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMSSwiftsure-IWM-Q40256.jpg
艦歴
発注
起工 1902年2月26日
進水 1903年1月12日
就役 1904年
退役
その後 1920年6月18日にスクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 11,800トン
全長 458 ft (139.6 m) 水線長
470 ft (143.3 m) 全長
全幅 71 ft (21.6 m)
吃水 24.5 ft (7.5 m)
機関
最大速 20ノット
乗員 700名
兵装 10インチ砲4門
7.5インチ砲14門
14ポンド砲14門
18インチ魚雷発射管2門

スウイフトシュア (HMS Swiftsure) はイギリス海軍前弩級戦艦スウィフトシュア級戦艦の一番艦。

艦歴[編集]

スウィフトシュアはチリからコンスティトゥシオン (Constitución) として注文され、エルズウィックアームストロング・ホイットワース社で1902年2月26日に起工された。1903年1月12日進水。1903年初頭にチリはこの艦を売りに出した。ロシアに取得されるのを防ぐために1903年12月3日にイギリスが購入し、スウィフトシュアと改名された。1904年6月21日就役。

第一次世界大戦勃発時は東インド艦隊の旗艦であった。1914年9月から、ボンベイアデン間でインド兵輸送船団の護衛に従事した。これは、インド洋通商破壊活動を行っていたドイツの軽巡洋艦エムデンが撃破され、船団護衛が不要となる11月まで継続された。1914年12月1日、スウィフトシュアは東インド艦隊旗艦のままでスエズ運河パトロールに配属された。1915年1月27日から同年2月4日まで、スウィフトシュアはカンタラ地域でのオスマン帝国軍によるスエズ運河攻撃を撃退するための戦いに参加した。

1915年2月後半、スウィフトシュアは東インド艦隊旗艦任務を装甲巡洋艦ユーライアラスに移譲した。そして、スウィフトシュアはダーダネルス作戦に参加した。1915年2月28日にスウィフトシュアはダーダネルス戦隊に加わった。

1916年2月にスウィフトシュアはダーダネルス海峡を離れた。1916年2月7日にKephaleからジブラルタルへ向けて出発した。ジブラルタルにおいて、スウィフトシュアは第9巡洋艦戦隊に編入され、大西洋での船団護衛などに従事した。1917年3月にスウィフトシュアは第9巡洋艦戦隊から外された。1917年3月26日にシエラレオネを出発し、4月11日にプリマスに着いた。

1917年4月26日に退役。1920年6月18日にスクラップとして売却された。

参考文献[編集]

  • Burt, R. A. British Battleships 1889-1904. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press, 1988. ISBN 0870210610.
  • Chesneau, Roger, and Eugene M. Kolesnik, eds. Conway's All The World's Fighting Ships, 1860-1905. New York: Mayflower Books, Inc., 1979. ISBN 0831703024.
  • Dittmar, F. J. & J. J. Colledge. British Warships 1914-1919. London: Ian Allen, 1972. ISBN 0-7110-0380-7
  • Gibbons, Tony. The Complete Encyclopedia of Battleships and Battlecruisers: A Technical Directory of All the World's Capital Ships From 1860 to the Present Day. London: Salamander Books Ltd., 1983.
  • Gray, Randal, Ed. Conway's All The World's Fighting Ships 1906-1921. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press, 1985. ISBN 0870219073.
  • Pears, Randolph. British Battleships 1892-1957: The Great Days of the Fleets. G. Cave Associates, 1979. ISBN 978-0906223147.