スイ固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「眭固」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
眭固
死去 建安4年(199年
司隷河内郡野王県射犬聚
ピン音 Sui Gu
元進(白兎)

眭 固(すい こ、? - 建安4年(199年))は、中国後漢時代末期の武将元進、小字(幼名)は白兎。「けいこ」と読まれることもある。薊州の人[1]

正史の事跡[編集]

眭固は当初黒山軍(黒山賊)の部将(頭目)であった。初平2年(191年)に于毒・白繞と共に10余万の軍勢で魏郡を攻略、東郡太守の王肱を撃ち破った。しかし、翌年に曹操率いる討伐軍に敗北した。

後に、河内郡を根拠とする大司馬張楊に仕えた。建安3年(198年)11月[2]呂布を支援していた張楊を、眭固の同僚であった楊醜が謀反して殺害し、曹操に味方しようとした。眭固は楊醜を殺害して主君の仇を討った。その後、張楊の元の長史薛洪や河内太守繆尚の支持を獲得し、張楊の後継者として擁立された。この事からも、眭固がそれなりに人望厚く、指導者としての素質に富んだ人物だったことが窺える。

翌建安4年(199年)春、眭固は薛洪と繆尚に射犬聚(河内郡野王県)を守らせ、自らは北進して袁紹に合流、その救援を受けようとした。しかし、その途中の犬城で史渙曹仁于禁楽進徐晃ら曹操軍の攻撃を受けて眭固は戦死してしまう。その残軍は曹操に取り込まれる事となり、射犬の薛洪・繆尚も曹操配下の董昭の説得を受けて降伏した。

なお、『三国志』魏書張楊伝注に引く『典略』によれば、巫女が眭固の字白兎と根拠地射犬は、犬と兎の関係から相性が悪く凶兆である、と警告したという。しかし眭固はこれを無視し、結局戦死した、としている。

小説『三国志演義』でも登場する。しかし直接の描写は無く、呂布を包囲していた曹操の下に、上記の張楊・楊醜暗殺事情が伝えられ、曹操が眭固の討伐を命じるのみである。

[編集]

  1. ^ 明・凌迪知『万姓統譜』巻4
  2. ^ なお、『後漢書』孝献帝紀は、建安3年11月に張楊は盗賊に殺された、同董卓伝は建安4年に楊醜に殺された、と記載しているが、本記事では、時期につき前者の説をとり、加害者は後者をとる。

参考文献[編集]

  • 三国志』魏書8張楊伝、魏書1武帝紀、魏書17于禁伝・徐晃伝
  • 後漢書』本紀9孝献帝紀、列伝62董卓伝
  • 三国演義