スイス民法典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スイス民法典初版

スイス民法典(スイスみんぽうてん、独:Schweizerisches Zivilgesetzbuch、仏:Code civil suisse、伊:Codice civile svizzero、英:Swiss civil code、略称:ZGB)とは、スイス連邦における私人間の法律関係を規律する法典(民法典)である。1907年12月10日に成立し、1912年に施行された。

オイゲン・フーバーにより起草され、後にVirgile RosselBrenno Bertoniによってフランス語イタリア語に翻訳された(当時は、ロマンシュ語は公用語ではなかった)。簡潔を基本としながら内容・形式共によく完備し、世界の民法典中の最高傑作と評されている[1]

スイス民法典は、ドイツ民法典の影響を大きく受け、一部ナポレオン法典の影響も受けているが、多くの比較法学研究者(ロドルフォ・サッコ等)は、民法の独自の枠組みに由来していると指摘する。トルコ民法典は、スイス民法典に若干の修正を加えて、世俗主義のケマリスト体制時代だった1926年に制定されたものである。

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 杉山直治郎編『富井男爵追悼集』10頁(有斐閣、1936年)、仁井田益太郎=穂積重遠=平野義太郎「仁井田博士に民法典編纂事情を聞く座談会」法律時報10巻7号25頁