スイス交通博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg  スイス交通博物館
Swiss Transport Museum
施設情報
正式名称 Verkehrshaus der Schweiz
愛称 VHS
専門分野 交通
事業主体 スイス連邦鉄道 , スイス郵便
管理運営 (不明)
延床面積 約20,000
開館 1959年7月1日
所在地
スイスの旗スイス,ルツェルン(Lidostrasse 5,CH-6006,Luzern)
位置 北緯47度3分11.47秒 東経8度20分7.2秒 / 北緯47.0531861度 東経8.335333度 / 47.0531861; 8.335333
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示


スイス交通博物館(すいすこうつうはくぶつかん、略:VHS、: Verkehrshaus der Schweiz: Swiss Transport Museum)は、スイスルツェルンに所在する博物館である。

概要[編集]

ヨーロッパを代表する交通博物館である。館内には、鉄道自動車飛行機などが展示されており、陸・海、空の交通機関の歴史を紹介している。約20,000平方メートルの敷地内には、列車や飛行機などのコレクションが3,000点以上所蔵されている。

宇宙や海の映像を見ることができるプラネタリウムや、スイスの風景や文化を360度パノラマ映像で映し出すスイソラマ、大迫力のIMAXムービーシアターなども備わる。そのほか、宇宙旅行や無重力の世界が体感できるコスモラマ、2万分の一のスケールでスイスの地図を表したスイスアリーナなどの体験型アトラクションもある。

展示の概要[編集]

車両の展示[編集]

鉄道模型[編集]

航空関係の展示[編集]

展示されているロッキード オライオン

航空関係の展示としては30機を越える航空機が展示される。展示されている航空機としてはスイスのアーマン・デュフォーとアンリ・デュフォーの兄弟の製作したデュフォー 4や、航空の歴史にとって貴重なブレリオXI-b、フォッカー F.VIIロッキード オライオン、フィゼラー Fi 156、ダグラス DC-3や、旧スイス航空のコンベア CV990アルエットIII ヘリコプターなどである。またベルトラン・ピカールが世界一周飛行に挑戦した気球、ブライトリング オービター 2や、スイス人宇宙飛行士Claude Nicollierが登場したスペースシャトルSTS-46で打ち上げられ後に回収された人工衛星、EURECAも展示されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯47度03分10秒 東経8度20分09秒 / 北緯47.05278度 東経8.33583度 / 47.05278; 8.33583