スイジガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スイジガイ
Harpago chiragra 01.JPG
スイジガイ
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
: 盤足目 Discopoda
: スイショウガイ科(ソデボラ科)
Strombidae
: クモガイ属 Lambis
: スイジガイ L. chiragra
学名
Lambis chiragra (Linnaeus, 1758)
英名
Chiragra Spider Conch

スイジガイ(水字貝)Lambis chiragra は、盤足目・スイショウガイ科(ソデボラ科)に分類される巻貝の一種。6本の突起がある特徴的な貝殻で知られる。

形態[編集]

成貝は突起を含めて殻長24cm・幅16cmに達する。貝殻は厚くて硬い。殻口が大きく開き、螺塔の巻きは小さい。貝殻の表面は巻きに沿って大小の螺肋があり、黄白色の地に黒褐色の縞模様が走る。殻口は光沢のあるピンク色で、6つの大きな突起の他に水管とを外に突き出すための3つの小さな溝がある。

幼貝には突起が無く、同じ科のマガキガイなどに似るが、成長すると6本の長く尖った状の突起ができる。和名はこの形が漢字の「」に似ることに由来する。

生態[編集]

西太平洋インド洋熱帯域に広く分布する。日本では紀伊半島以南の沿岸域で見られる。

浅い海のサンゴ礁や岩礁の砂礫底に生息する。貝殻の配色は鮮やかだが、海中では貝殻の表面に多くの付着生物がつくので、転石などに紛れこみ易い。殻口から水管と目を潜望鏡のように突き出す。移動時には近縁種と同様に蓋を杖のように使って移動する。

利用[編集]

吊るされたスイジガイ
沖縄県城辺町(現宮古島市)産

殻が固くて丈夫なことから、装飾品や貝細工の材料として利用される他、食用にもなる。

沖縄諸島先島諸島では、先史より装飾品として利用され、現在も土産物として販売されている。 また、火難除けや魔除けとして家の玄関や家畜小屋に吊す風習があり、民家の玄関に今も時折見られる。

沖縄県名護市宮古島市においては、シンボル(市の貝)として採用されている。

参考文献[編集]

  • 内田亨監修『学生版 日本動物図鑑』北隆館 ISBN 4-8326-0042-7
  • 行田義三『貝の図鑑 採集と標本の作り方』南方新社 ISBN 4-931376-96-7
  • 小林安雅『ヤマケイポケットガイド16 海辺の生き物』山と渓谷社 ISBN 4-635-06226-0
  • 奥谷喬司・楚山勇『山渓フィールドブックス4 サンゴ礁の生きもの』山と渓谷社 ISBN 4-635-06061-6