スィドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スィドラ 又は シドラ[1](Sidra、Sidrah)は、クルアーンに登場する聖木イスラームにおける楽園には、トゲのないものが生息するとされる[2]

登場節
  • 第53(「」)[2] - 誰も越せない涯にある木として
  • 第56章(「出来事」) - 楽園にあるトゲのない木として[3]
  • 第34章(「サバア」) - トゲのある木として[3]

ナツメの一種とされ、ギリシア神話における「ロートスの木」に対応するという説もある[2]

また、植物学的にはキリストノイバラ(学名: Ziziphus spina-christiクロウメモドキ科)がスィドラに近いという見解もあるという[2]

脚注[編集]

  1. ^ イスラームにおける地獄の表象 - 中東協力センター
  2. ^ a b c d 岩波イスラーム事典 p.523 「スィドラ」 (山中由里子)
  3. ^ a b 小杉泰 『クルアーン』―語りかけるイスラーム pp.166-167

外部リンク[編集]

関連項目[編集]