スアヴィヤルヴィ・クレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スアヴィヤルヴィ・クレーター(英語:Suavjarvi Crater、ロシア語:Суавъярви)はロシアカレリア共和国にある直径約16 kmの衝突クレーターメドヴェジエゴルスクの町の約50 km北にあり、中央におよそ3 km幅のスアヴィヤルヴィ湖がある。形成年代は約24億年前と推定されており[1]、この見積もりが正しければ地球上で知られている最古の衝突クレーターである。

円形構造は空中写真で判別できるが、強く浸食され後の時代の変成も受けているため、もともとあったクレーター構造の多くが失われている。変成を受けたポリミクト角礫岩が一部だけ残っており、構成ブロックの鉱物に衝撃変形が見られるため、衝突構造の残存であると考えられている[1]。スアヴィヤルヴィの角礫岩が、約23億年前と推定されているヤトゥリアン累層(Jatulian Formation)に覆われ、堆積前に強い浸食があったはずであることから、約24億年前という衝突年代が提唱されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Mashchak, M. S. and Naumov, M. V. (1996). “The Suavjarvi Structure: an Early Proterozoic Impact Site on the Fennoscandian Shield”. Lunar and Planetary Science 27 (3): 825-826. http://adsabs.harvard.edu/abs/1996LPI....27..825M. 

外部リンク[編集]

座標: 北緯63度07分 東経33度23分 / 北緯63.117度 東経33.383度 / 63.117; 33.383