ジーン・リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジーン・リース (Jean Rhys,1890年8月24日-1979年5月14日)は、イギリスの小説家。イギリス領ドミニカ出身のクレオール(父はウェールズ人、母はスコットランド人)で、本名はエラ・グウェンドレン・リース・ウィリアムズ(Ella Gwendolen Rees Williams)という。

16歳から本国で教育を受けるべくイギリスへ渡るが、植民地育ちという疎外感から学校でなじめなかった。ほどなく実家は没落し、彼女はコーラスガールとして生活するようになった。やがて彼女はパリへ流れていき、多くのボヘミアン的芸術家らの中で暮らすようになる。この頃の貧窮した暮らしが、のちの作品『カルテット』に表れている。

リースが作品を出版したのは1920年代から1930年代にかけてである。一度結婚したが、夫が第一次世界大戦中に行方が知れなくなり、食べていくためにペンを取った。その後30年以上沈黙を守り、1966年に出版された『広い藻の海』(日本語訳では『サルガッソーの広い海』というタイトルのものも出ている)で初めて注目を浴びた。『ジェーン・エア』に登場する精神障害者の、前半生を語る異色の小説で、後に映画化された。これをきっかけに、過去の作品群が再出版された。

作品[編集]

  • The Left Bank and Other Stories(1927)
  • Postures(1928) のち『カルテット』Quartetと改題して1929年に出版
  • 『マッケンジー氏と別れたあとで』After Leaving Mr Mackenzie (1931)
  • Voyage in the Dark(1934)
  • 『真夜中にお早うを』Good Morning,Midnight (1939)
  • Wide Sargasso Sea(1966)
    • 『広い藻の海 ジェイン・エア異聞』篠田綾子訳 河出書房新社 1973
    • 『サルガッソーの広い海』小沢瑞穂訳 みすず書房、1998 のち河出書房新社・世界文学全集
  • Tigers Are Better-Looking:With a Selection from 'The Left Bank' (1968)
  • Penguin Modern Stories I(1969)
  • My Day :Three Pieces (1975)
  • Sleep It Off Lady(1976)
  • Smile Please 未完成、自伝 (1979)
  • 「彼らが本を焼いた日」篠田綾子訳『イギリス短編24』集英社、1972 
  • 「あいつらのジャズ」『20世紀イギリス短編選 下』小野寺健訳 岩波文庫、1987 
  • 「懐かしき我が家」『ニュー・ゴシック ポーの末裔たち』鈴木晶,森田義信編・訳 新潮社 1992
  • 「河の音」西崎憲訳『英国短篇小説の愉しみ』筑摩書房、1998、『短篇小説日和 英国異色傑作選』ちくま文庫

関連項目[編集]