ジークフリード・ギーディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジークフリード・ギーディオン(Sigfried Giedion、1888年8月14日 - 1968年4月10日)は、スイス建築史家、都市史家、建築評論家美術評論家、建築及び都市の研究者

スイス・レングナウ生まれ。スイスとドイツで教育を受ける。工学を当初専攻後にミュンヘン大学に進学し美術史を専攻、ハインリヒ・ヴェルフリンに学ぶ。1922年に博士号取得。1928年結成の近代建築国際会議CIAMに参画し、最終の1956年の第10回まで、同会書記長を務める。

1938年、ハーバード大学客員として招かれ、チャールズ・エルオット・ノートン記念講演を行う。このときの講義録ゼミナール記録をまとめたものが代表作『空間・時間・建築』である。その後も1941年から1945年まで引き続き訪米して講義を行う。

1946年から、スイス連邦工科大学ETHの教授に就任。この間もアメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学MITの客員教授を務める。 1968年に死去。

著書[編集]

  • Späbarocker undromantischer Klassizismus,München,1922年(18世紀末期と19世紀初頭との比較考証,学位論文)
  • Bauen in Frankreich, Bauen in Eisen, Bauen in Eisenbeton, Leipzig: Klinkhardt & Biermann,1928(『空間・時間・建築』の第3章の基調)
  • WalterGropius,Paris,1931(ワルター・グロピウスの作品集,1954年版の前身)
  • Space,Time and Architecture,Harvard University Press,Cambridge,1941,(イタリア語版,1953;日本語版『空間・時間・建築』1955;ドイツ語版 1965)
  • Mechanization Takes Command,a Contribution to anonymous history,0xford Univers Press,New York,1948.
  • ADecadeofContemporary Architecture,Zurich.1954(CIAMの第6回会議の報告と1937-1947年の世界各国の近代建築の作品譜)
  • WalterGropius Workand Teamwork,Reinhold Pub.New York,1954(ワルター・グロピウスの作品集).
  • Architektur und Gemeinschaft,Rowohlts Deutshe Enzyklopaedie,Vol.18,Hamburg,1955(英語版1958;日本語版『現代建築の発展』生田勉・樋口清訳,みすず書房,1961).
  • The Eternal Present,Vol.1 The Eeginningsof Art,Pantheon,New York.1962(日本語版『永遠の現在=美術の起源 - 不変と変化に関する一考察』江上披見・木村重信訳,東京大学出版会,1968)