ジンチョウゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジンチョウゲ
Daphne odora-ja01.jpg
ジンチョウゲの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フトモモ目 Myrtales
: ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae
: ジンチョウゲ属 Daphne
: ジンチョウゲ D. odora
学名
Daphne odora Thunb. (1784)
和名
ジンチョウゲ(沈丁花)
英名
Winter Daphne

ジンチョウゲ沈丁花)とは、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属常緑低木チンチョウゲとも言われる。漢名:瑞香、別名:輪丁花。 原産地中国南部で、日本では室町時代頃にはすでに栽培されていたとされる。日本にある木は、ほとんどが株で株はほとんど見られない。挿し木で増やす。赤く丸い果実をつけるが、有毒である。花の煎じ汁は、歯痛口内炎などの民間薬として使われる。

2月末ないし3月に花を咲かせることから、季語としてよく歌われる。つぼみ濃紅色であるが、開いた花は淡紅色おしべ黄色、強い芳香を放つ。枝の先に20ほどの小さな花が手毬状に固まってつく。花を囲むようにが放射状につく。葉は月桂樹の葉に似ている。

名前の由来[編集]

沈丁花という名前は、香木の沈香のような良い匂いがあり、丁子(ちょうじ、クローブ)のような花をつける木、という意味でつけられた。2月23日の誕生花。学名の「Daphne odora」の「Daphne」はギリシア神話女神ダフネにちなむ。「odora」は芳香があることを意味する。

花言葉は「栄光」「不死」「不滅」「歓楽」「永遠」。

品種[編集]

ジンチョウゲの主な品種は以下のものが掲げられる。庭木として用いられる。

  • シロバナジンチョウゲ - 花の色がい。
  • ウスイロジンチョウゲ
  • フクリンジンチョウゲ - 葉の縁にが見える。

関連項目[編集]

ジンチョウゲ科には、他に下記などがある。