ジローラモ・ダ・カルピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジローラモ・ダ・カルピ『機会と忍耐』(1541年頃)ドレスデンアルテ・マイスター絵画館

ジローラモ・ダ・カルピGirolamo Da Carpi, 1501年 - 1556年)(1901年のEBにはジラーロモ Giralomo と誤記されている)は、ルネサンスイタリア画家ボローニャ派に属すると考えられている。

生涯[編集]

父親も画家(ならびに装飾家)で、フェラーラエステ家の宮廷に仕えていた

ロレンツォ・コスタラファエロの影響の強い画家の工房で修行を積んでから(ガロファロの下で徒弟をしていたという記録もある)、1520年代、カルピはローマボローニャに行き、そこでジュリオ・ロマーノマニエリスム様式に霊感を受けた。

それからフェラーラに戻ると、エステ家の依頼でドッソ・ドッシ、ガロファロらと一緒に仕事をした。1550年にはローマ教皇ユリウス3世の御用建築家になって、バチカン宮殿のベルベデーレ改築の監督を勤めた。再びフェラーラに戻ると、エステンセ城の増築を託された。

カルピの絵には、ロヴィーゴのサン・フランチェスコ教会にある『精霊の堕落』、ボローニャにある『聖母』、『東方三博士の礼拝』、『聖カタリーナ』、そしてフェラーラにある『聖ゲオルギウス』、『聖ヒエロニムス』がある。

代表作[編集]

  • 東方三博士の礼拝(1531年)ボローニャ、サン・マルティーノ教会
  • 聖カタリーナの結婚(1532年 - 1534年)ボローニャ、サン・サルヴァトーレ教会
  • 聖ロンギヌス(1531年)
  • ペンテコステ ロヴィーゴ、サン・フランチェスコ教会
  • 機会と忍耐(1541年)ドレスデン、古典絵画館

参照[編集]

Freedberg, Sydney J. (1993). Pelican History of Art. ed. Painting in Italy, 1500-1600. pp. Penguin Books Ltd. 

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). “Girolamo Da Carpi”. Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press. http://www.1911encyclopedia.org/Girolamo_Da_Carpi.