ジロ・ディ・ロンバルディア2011

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジロ・ディ・ロンバルディア2011は、ジロ・ディ・ロンバルディアの105回目のレース。2011年UCIワールドツアー最終戦である。2011年10月15日に行われ、残り約9.5km地点の最後の上りでスパートしたオリヴァー・ツァウグが優勝。3連覇がかかったフィリップ・ジルベールは8位だった。

結果[編集]

順位 選手名 国籍 チーム 時間
1 オリヴァー・ツァウグ スイスの旗 スイス レオパルド・トレック 6時間20分02秒
2 ダニエル・マーティン アイルランド共和国の旗 アイルランド ガーミン・セルヴェロ +08秒
3 ホアキン・ロドリゲス スペインの旗 スペイン チーム・カチューシャ
4 イヴァン・バッソ イタリアの旗 イタリア リクイガス・
5 プジェムィスワフ・ニエミエツ ポーランドの旗 ポーランド ランプレ・ISD
6 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ イタリアの旗 イタリア コルナゴ - CSF・イノックス
7 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ イタリアの旗 イタリア ファルネーゼ・ヴィーニ - ネーリ・ソットーり +16秒
8 フィリップ・ジルベール ベルギーの旗 ベルギー オメガファーマ・ロット
9 カルロス・ベタンクール コロンビアの旗 コロンビア アクア & サポーネ
10 リッカルド・キアリーニ イタリアの旗 イタリア アンドローニ・ジョカットーリ

参考文献[編集]