ジロカストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジロカストラ
アルバニア語: Gjirokastër
—  基礎自治体  —
ジロカストラ城からの眺め
ジロカストラの位置
ジロカストラ
座標: 北緯40度04分 東経20度08分 / 北緯40.067度 東経20.133度 / 40.067; 20.133
アルバニアの旗 アルバニア
ジロカストラ州
ジロカストラ県
行政
 - 市長 Flamur Bime
標高 300m (1,000ft)
人口 (2009[1])
 - 計 43,095人
等時帯 CET (UTC+1)
 - 夏時間 CEST (UTC+2)
郵便番号 6001-6003
市外局番 (+355) 84
ナンバープレート GJ
ウェブサイト www.gjirokastra.org
世界遺産 ベラトとジロカストラの歴史地区
アルバニア
ジロカストラの景観
ジロカストラの景観
英名 Historic Centres of Berat and Gjirokastra
仏名 Centres historiques de Berat et de Gjirokastra
面積 67.8 ha
(緩衝地域 94.7 ha)
(※ジロカストラのみの値)
登録区分 文化遺産
登録基準 (3), (4)
登録年 2005年
拡張年 2008年
備考 拡張以前の登録名称は「ジロカストラの博物館都市」
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ジロカストラの位置
使用方法表示

ジロカストラアルバニア語: Gjirokastërギリシア語: Αργυρόκαστροトルコ語: Ergiriイタリア語: Argirocastro)はアルバニア南部の人口 43,000人の都市である。歴史的な地域であるエピルス地方にあり、ジロカストラ州ジロカストラ県の首府である。旧市街は世界遺産に登録され、希少なオスマン帝国時代の町並みや農民によって築かれた多くの歴史遺産が残されている。ジロカストラはジロカストラ山とドリノ川の間の谷に位置し、海抜は300mである。ジロカストラ城英語版が市内を見下ろし、5年ごとにジロカストラナ民族文化フェスティバルが開かれている。ジロカストラは共産主義時代の指導者エンヴェル・ホッジャやアルバニアの著名な作家イスマイル・カダレの出身地で、市内にはエチェレム・チャベイ大学英語版がある。

ジロカストラが歴史的な記録に現れたのは1336年で、名称はギリシャ語でアルギロカストロ(Argyrokastro)。当時はビザンティン帝国の領域の一部であった。[2]後にアルバニア人貴族ジョン・ゼネビシ英語版 (1373-1417)の公国であったジロカストラ公国英語版の中心地となる。その後、5世紀にわたりオスマン帝国の支配下となった。[2]バルカン戦争時にはギリシャ人が居住していることを根拠としてギリシャ陸軍によって占領されたが[3] 、1913年に新たに独立を宣言したアルバニアに組み込まれる。これに反発した地元のギリシャ人たちはゲリラ闘争によって北エピルス自治共和国英語版を成立させジロカストラに首都を置いたが、ジロカストラを含む北エピルスは1921年には最終的にアルバニア領となった。[4]アルバニアに政治危機を引き起こした1997年のアルバニア暴動は、市内にも及んだ。[5]

アルバニア人と並んでかなりのギリシャ人マイノリティーが市内に居住している。[6] ジロカストラはサランダとともにアルバニアにおけるギリシャ人コミュ二ティーの中心であると考えられており[3]、市内にはギリシャの領事館が置かれている。[7]

歴史[編集]

ジロカストラでは鉄器時代に遡る陶器が発見され、それが最初に現れたのは青銅器時代後期のエルバサン県パズホクでアルバニア中でこれらは発見されている。[8]ジロカストラ周辺で人が最初に住み始めた記録ではギリシャ人の部族であるハオニア人英語版である。

町の城壁は3世紀に遡る。高い石の壁の城塞は6世紀から12世紀にかけ建築された。[9]この間、ジロカストラは大きな商業的な中心として開発されアルギロポリス Argyropolis古代ギリシア語: Αργυρόπολις,銀の都市の意)やアルギロカストロン Argyrokastron古代ギリシア語: Αργυρόκαστρον,銀の城の意)として知られていた。[10]

メラニテッケ

町はビザンティンエピロス専制侯国の領域の一部となり最初の記録ではアルギロカストロとビザンティン皇帝ヨハネス6世カンタクゼノスにより1336年に言及されている。[11] 1336年-1418年の間はアルバニア人貴族ジョン・ゼネビシ英語版下のジロカストラ公国英語版の首都であった。

1417年になるとオスマン帝国の一部となり1419年にアルバニア・サンジャク英語版の首府となる。[12]オスマンの旅行家エヴリヤ・チェレビが1670年にジロカストラを訪れた時、200戸の住居が城壁内にあり、東側にはキリスト教徒の街区であるKyçyk Varosh(城外の小さな街区の意)に200戸が、Byjyk Varosh(城外の大きな街区の意)には150戸が、他に PalortoVutoshDunavatHaxhi BeyMemi Beyの6の街区が城の周辺の丘陵地に点在していた。[13]チェレビの記録によれば、町には当時2,000戸の住居と8つのモスク、3つの教会、280の商店、5つの泉、5つのキャラバンサライがあったとされる。[13]

1811年、ジロカストラはアルバニアで生まれたテペデレンリ・アリー・パシャが率いるヤニナ・パシャルク英語版 の一部となり、バルカン半島南西部にある半自治の封建領地に変わり1822年にアリー・パシャが亡くなるまで続いた。1868年にパシャリクが落ちるとエルジリ・サンジャクの首府になる。1880年7月23日にアルバニア南部の政治連盟プリズレン連盟の会議がジロカストラで行われ、オスマン帝国のアルバニア人人口が多い地域が他国に割譲された場合に反乱を起こすことが決定された。[14]

1831−1912年のアルバニア人の民族覚醒でジロカストラは運動の中心地となり一部のグループはスカンデルベグの肖像を運び入れたと報告されている。スカンデルベグはアルバニアの国民的な英雄で、この時代の運動の象徴であった。[14]ジロカストラには多数のギリシャ人が居住しており、第一次バルカン戦争時(1912-1913)にギリシャ人により町の自治が要求されギリシャ人の領域となった。オスマンもこの時期になるとジロカストラからは撤退している。[15] 

しかしながら、1913年のロンドン条約と1913年12月17日のフィレンツェ議定書によってアルバニアに与えられた。[16] この出来事による変化は地元のギリシャ人にはまったく支持されていないことを示し、ゲオルギオス・クリスタキス・ゾグラフォス英語版の下に集結し抵抗勢力が作られた。[17]組織はすぐに、ギリシャと合同で地元による自治か列強などによる国際的な軍の駐留をジロカストラやサランダコルチャに要求した。[18]

1914年3月、北エピルス自治共和国はジロカストラで独立を宣言し列強とコルフ議定書英語版で確認された。[19] しかしながら第一次世界大戦でアルバニアが崩壊したため、共和国は短命であった。[20] 1914年10月-11月にギリシャ軍が戻り再びジロカストラをサランダやコルチャと共に攻略している。[21] 1916年4月にジロカストラを含むこの地域を北エピルス英語版と言及しギリシャに併合した。[21]パリ講和会議により戦前の状態に戻され、1913年のフィレンツェ議定書で決定された国境が支持されジロカストラは再びアルバニアの主権下に戻された。[22] 1939年4月にジロカストラはイタリアのアルバニア侵攻に続いてイタリアに攻略されている。ギリシャ・イタリア戦争中の1940年12月にギリシャ軍が市内に侵攻しナチス・ドイツの攻略と1941年4月に再びイタリアが支配する前の4ヶ月間にわたり駐留した。1943年9月のイタリア講和後はドイツによって支配され、最終的に1944年にアルバニアは解放されジロカストラもアルバニアの主権に戻される。

第二次世界大戦後の共産主義政権下でのジロカストラは工業や商業の中心として開発が進められた。博物館都市として地位が上がり、共産主義のリーダーであるエンヴェル・ホッジャの生誕地でもあるジロカストラではホジャの生家が博物館になっている。[23]共産主義の時代が終わった1991年以降、ジロカストラは経済的な問題に直面している。1993年にはギリシャ人マイノリティーとアルバニア警察との衝突の中心地にもなった。[24]1997年には大規模なねずみ講の破綻によるアルバニア経済の大混乱による影響をジロカストラでも受けている。[5] サリ・ベリシャ政権に対する反政府運動の中心となり、反体制派による暴動が起こり最終的にサリ・ペリシャ政権は辞職する。1997年12月16日にホジャの生家は何者かによる破壊により被害を受けるが、修復されている。[25]

宗教・文化[編集]

1925年、アルバニアはベクタシュ教団の世界的な中心なった。教団の中心がティラナに置かれジロカストラはアルバニアに6つある教区のうちの1つとなりアシム・ババ英語版ジェメヴィ英語版(修道院)の中心であった。[26]ジロカストラで多くのベクタシュやスンニ派人口を保っていた。歴史的に15のモスクやテッケ(修道院)が設立され、1945年にはそのうちの13は機能していた。[27]現在ではジロカストラモスク英語版が残るのみで、他の12の宗教施設は1967年にアルバニアの文化革命によって共産主義政権により破壊された。[27]

ジロカストラはアルバニア正教会の教区も置かれている。[28]17世紀、オスマンの旅行家であったエヴリヤ・チェレビが1670年にジロカストラを訪れた際、町の詳細な記述を残している。ある日曜日にチェレビはヴァイティム英語版を聞いている。ヴァイティムは伝統的なアルバニアの死に際しての嘆きでプロの会葬者により行われ、泣き女の一種である。チェレビはその騒々しさからジロカストラに「泣き叫ぶ町」と言うあだ名を付けている。[29]

アルバニアの小説家イスマイル・カダレによる小説「石の年代記」では第一次世界大戦と第二次世界大戦にイタリアやギリシャによって占領されたジロカストラの歴史を伝えている。アルバニア初の女性作家であるムシネ・コクアルアーリ英語版は80ページにわたり10の若々しいジロカストラの彼女の方言で散文「私の古い母は私にこう言っている」 (アルバニア語: Siç me thotë nënua plakë)を残している。本では日々のジロカストラの女性の奮闘が描かれ、地域でブームとなった。[30]

ジロカストラはアルバニア人、ギリシャ人両方のポリフォニーがあり5年毎にジロカストラナショナルフォルクローレフェスティバル(アルバニア語: Festivali Folklorik Kombëtar)が行われる。フェスティバルは1968年以来開かれ[31] 直近では2009年に開催されている。[32]フェスティバルはジロカストラ城で開かれている。

ジロカストラではギリシャ人マイノリティーが多く住んでいることから、ギリシャ語の新聞Λαϊκό Βήμα(Laiko Vima)が発行されている。同新聞は1945年に発刊され、同時代のアルバニア社会主義人民共和国で発行が許されていた唯一のギリシャ語新聞であった。[33]

ランドマーク[編集]

ジロカストラ城からのパノラマ

ジロカストラの町は傾斜地に築かれ、周囲を城塞が取り囲んでおり台地の上を占めている。[34] 城壁は3世紀に築かれたが、最初に言及されたのは12世紀で現在ある多くの建物はオスマン時代の17世紀や18世紀に遡る。典型的な建物は高い石のブロックで築かれ、5階くらいの高さまで築くことが出来る。家を囲む外部と内部には階段があり、このような防御された住居はアルバニア南部の典型的な住居であると考えられる。低層部には水槽と家畜小屋があり、上層部にはゲストルームと家族の部屋で構成され暖炉も含まれている。さらに上の階には家族の寝室と内部の階段がつながれている。[34]世界遺産にジロカストラが指定されてからはそのいくつかは復元されているが、他の建物は荒廃が進んでいる。

博物館に変わったホジャの生家
ゼカテハウス

多くのジロカストラの住居は独特な地元のスタイルで「石の町」と言うニックネームを得ているが、ほとんどの古い家の屋根が石で覆われていることによる。ジロカストラは1960年代や70年代にベラト共にアルバニアでは数少ない建物の近代化の計画から保護された町である。両都市は「博物館都市」の地位を得てユネスコ世界遺産になった。[34]ジロカストラ城は町を見下ろす場所にあり、峡谷を見下ろす戦略的な場所である。訪問者のためにオープンしており、軍事博物館も含まれ大砲やドイツに抵抗したパルチザンの記念物、帝国主義に抵抗した記念としてのアメリカの戦闘機などを特徴としている。19世紀や20世紀にはアリー・パシャやゾグー1世によって建物が増やされている。今日では5つの塔と時計塔、教会、泉、馬小屋、他の多くの施設が占めている。北側はゾグー政府によって刑務所に変えられ、共産主義時代には政治犯が収容されていた。

ジロカストラはオスマン時代の古いバザールも特徴で、オリジナルのものは17世紀に建てられた。19世紀には火災により再建されている。今日では200を超える家が文化的な記念物としてジロカストラでは保存されている。ジロカストラモスクは1757年に建てられている。[27] 1988年に最初に世界遺産に提案されたが、国際記念物遺跡会議の専門家は旧市街を損なういくつかの現代的な建物の出現に困惑していた。最終的には2005年に登録されている。

気候[編集]

ジロカストラはアルバニア西部の低地と標高が高い内陸の間に位置し、暑い夏の地中海性気候であるがアルバニアの普通の地中海性気候に比べると降水量が多い気候タイプである。

ジロカストラの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 9
(48)
11
(52)
13
(55)
18
(64)
23
(73)
28
(82)
32
(90)
34
(93)
27
(81)
23
(73)
15
(59)
11
(52)
20.3
(68.5)
日平均気温 °C (°F) 5
(41)
6
(43)
7
(45)
12
(54)
16
(61)
20
(68)
23
(73)
24
(75)
19
(66)
14
(57)
10
(50)
6
(43)
13.5
(56.3)
平均最低気温 °C (°F) 1
(34)
1
(34)
2
(36)
6
(43)
10
(50)
13
(55)
15
(59)
15
(59)
12
(54)
8
(46)
5
(41)
2
(36)
7.5
(45.6)
降水量 mm (inch) 290
(11.42)
230
(9.06)
190
(7.48)
90
(3.54)
50
(1.97)
40
(1.57)
10
(0.39)
10
(0.39)
60
(2.36)
180
(7.09)
400
(15.75)
320
(12.6)
1,870
(73.62)
平均降水日数 (≥ 1 mm) 11 10 8 7 5 2 1 1 3 7 14 12 81
 % 湿度 71 69 68 69 70 62 57 57 64 67 75 73 66.8
出典 1: Weatherbase
出典 2: Climate data

経済[編集]

ジロカストラは商業やいくつかの産業の中心都市でとくに食品加工や皮革、織物の中心である。[35]最近では地域青果市場が構築され地元の青果が取引されている。[36] アルバニア南部は近くのギリシャのヨアニアの町との関係で有機野菜の産品供給が将来的に増える可能性があるが、現在の品質は欧州標準には遠く及ばない。[36] 1988年に市の商工会議所が設立されギリシャとの国境地域の貿易を促進している。[37] ギリシャのアルバニアへの資金援助の一部によりギリシャ軍がジロカストラ市内に病院を建設している。[38]近年では多くの伝統的な家屋の再建が始まり、オーナーを惹き付け戻しており観光による活性化は地元にあらたな収入をもたらす可能性がある。[39]しかしながら、一部の家屋は投資の不足から打ち捨てられている。 2010年のギリシャの経済危機の影響をアルバニアで最初に受けたのはこの地域で、アルバニアからギリシャに出稼ぎや移住していた者は失業などによりアルバニアに戻って来ている。[40]

教育[編集]

ジロカストラに最初に開かれたのはギリシャ語の学校で1663年に創立している。この学校は地元の商人が後援し、主教が監督していた。1821年にギリシャ独立戦争が起こると、学校は破壊されるが1830年には復活している。[41][42]1727年にマドラサが開設され以来、1967年に共産主義政権の文化革命が起こるまで240年間にわたり続いていた。[27]1861-1862年に女子向けのギリシャ語の学校が設立されギリシャ人の銀行家クリスタキス・ゾグラフォス英語版による資金援助を受けていた。[43] 最初のアルバニア人の学校が開かれたのは1886年のことである。[44]今日のジロカストラには7つのグラマースクールと2つの総合高校、2つの職業校がある。

市内にはエチェレム・チャベイ大学があり、1968年に開設された。最近は入学者数の低下から一部の学部は2008−2009年には機能していなかった。[45] 2006年にアルバニア政府とギリシャ政府によりギリシャ語の大学をジロカストラでは2つ目の大学として開設することが同意された。[46]この計画は2010年に35名の学生で始まったが、ヨアニア大学が教員の提供を拒否し突然中止されギリシャ政府とラトシス財団は資金を引き上げている。[45]

統計[編集]

ジロカストラの人口は43,000人である。[1]またジロカストラはギリシャ人マイノリティーもおり、ある資料によれば1989年には4,000人居るとされ[47]、町のギリシャ人の32%がギリシャ語話者であると宣言している。[48]ジロカストラはアルバニアにおけるギリシャ人マイノリティーの中心地であると考えられ[3] ギリシャの領事館も置かれている。[7]

交通[編集]

ジロカストラには幹線道路SH4号線が通り、北側はテペレナドロプルと南側はギリシャとの国境までの30kmを結んでいる。ジロカストラ付近からギリシア国境までの幹線道路は、ギリシア政府の援助等により整備されている。逆方向、ティラナ方向に向かう幹線道路は、ほとんどの区間で未整備か現在整備中である。

  • ティラナから、長距離バスで約6-8時間(1日数便)、乗り合いタクシーで約5-7時間(1日数便)
  • サランダから、長距離バスで約2時間(1日数便)、乗り合いタクシーで約2時間(数時間に1本)
  • ギリシャアテネから、長距離バスで約12時間(1日数便)

長距離バスや乗り合いタクシーが停車するバス停は谷底の幹線道路沿いにある。新市街中心部は少し登ったところにあり、旧市街と城塞は山の中腹にある。新市街中心付近より旧市街・城塞方面へ向かうバスが出ている。

観光[編集]

  • 旧市街(市内中心部と城塞の間に位置する丘の上にオスマン帝国時代の家並みが残っている)
  • 城塞

世界遺産[編集]

アルバニア政府は歴史的な価値のある街並みを「博物館都市」に指定しており、ジロカストラはそのひとつである。同指定を受けた都市は他にベラトがある。

街並みを形作っているのは、この地域特有のクラ(kullë、「塔」の意・トルコ語の"kule"に由来)と呼ばれる石造りの家屋で、オスマン帝国時代に建造されたものである。

この街に残る城塞、家屋、市場、宗教建築物は2005年に「ジロカストラの博物館都市」としてユネスコ世界遺産に登録された。2008年にはベラトも加える形で拡大登録され、世界遺産登録名もそれに伴って変更された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

出身著名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Instat of Albania (2009年). “Population by towns” (Albanian). Institute of Statistics of Albania. 2010年8月19日閲覧。
  2. ^ a b Ward, Philip (1983). Albania: a travel guide. Oleander Press. p. 70. ISBN 978-0-906672-41-9. http://books.google.gr/books?ei=uz5VT8qIEISi4gS5gpTLDQ&hl=el&id=JJO4AAAAIAAJ&dq=gjirokaster+byzantine&q=%22Following+the+Byzantine+period%2C+Gjirokaster+was+controlled+by+the+Zenevishi+until+the+Ottoman+conquest+of+1417%22#search_anchor. 
  3. ^ a b c James Pettifer. “The Greek Minority in Albania in the Aftermath of Communism (PDF)”. Camberley, Surrey: Conflict Studies Research Centre, Royal Military Academy Sandhurst. p. 6. 2011年10月19日閲覧。 “Given its large Greek population, the city of Gjirokaster was a particularly large center of irredentist ambition”
  4. ^ Miller, William (1966). The Ottoman Empire and Its Successors, 1801-1927. Routledge. pp. 543–544. ISBN 978-0-7146-1974-3. http://books.google.com/?id=HaA18-u7mMMC. 
  5. ^ a b Jeffries, Ian (2002). Eastern Europe at the turn of the twenty-first century: a guide to the economies in transition. Routledge. p. 87. ISBN 978-0-415-23671-3. http://books.google.gr/books?id=L7PBtDujYt0C&pg=PA92&dq=gjirokaster%2B1997%2Bpyramid#v=snippet&q=gjirokaster&f=false. 
  6. ^ Albania: from anarchy to a Balkan identity Authors Miranda Vickers, James Pettifer Edition 2, illustrated, reprint Publisher C. Hurst & Co. Publishers, 1997 ISBN 1-85065-290-2, ISBN 978-1-85065-290-8 p. 187
  7. ^ a b Country profile: Bulgaria, Albania. Economist Intelligence Unit, 1996. [1] "Greece has also opened a consulate in the southern town of Gjirokaster, which has a large ethnic Greek population."
  8. ^ Boardman, John (1982-08-05). The Prehistory of the Balkans and the Middle East and the Aegean World, Tenth to Eighth centuries B.C.. Cambridge: Cambridge University Press. p. 223. ISBN 978-0-521-22496-3. http://books.google.com/books?id=vXljf8JqmkoC&pg=PA223 2010年10月1日閲覧。. 
  9. ^ Wilson, Wesley (1997). Countries & Cultures of the World: The Pacific, Former Soviet Union, & Europe. Chapel Hill, N.C: Professional Press. p. 149. OCLC 1570873038. http://books.google.com/books?id=TWojAQAAIAAJ&q=City+of+Stone+gjirokaster&dq=City+of+Stone+gjirokaster&cd=4 2010年6月13日閲覧。. 
  10. ^ Dvornik, Francis (1958). The Idea of Apostolicity in Byzantium and the Legend of the Apostle Andrew. Cambridge: Harvard University Press. p. 219. OCLC 1196640. 
  11. ^ Kiel, Machiel. Ottoman Architecture in Albania, 1385–1912. Beşiktaş, Istanbul: Research Centre for Islamic History, Art and Culture. p. 138. ISBN 978-92-9063-330-3. http://books.google.com/books?ct=result&id=2xYzAAAAIAAJ&dq=%22The+city+is+first+mentioned+by+Cantacuzenos+in+1336%22&q=The+city+is+first+mentioned+by+Cantacuzenos+in+1336%C2%B0)+by+the+name+of+Argyrokastro#search_anchor 2010年10月2日閲覧。. 
  12. ^ Ethnographic and open-air museums”. UNESCO, Paris (1992年). 2011年3月18日閲覧。
  13. ^ a b Elsie, Robert (March 2007). “GJIROKASTRA nga udhëpërshkrimi i Evlija Çelebiut”. Albanica ekskluzive (66): 73–76. http://www.elsie.de/pdf/articles/A2007CelebiGjirokastraAlbanica.pdf. 
  14. ^ a b Gawrych, George Walter (2006). The Crescent and the Eagle: Ottoman Rule, Islam and the Albanians, 1874–1913. London: I.B. Tauris. pp. 23–64. ISBN 978-1-84511-287-5. http://books.google.com/books?id=wPOtzk-unJgC&pg=PA23 2010年9月30日閲覧。. 
  15. ^ James Pettifer. “The Greek Minority in Albania in the Aftermath of Communism (PDF)”. Camberley, Surrey: Conflict Studies Research Centre, Royal Military Academy Sandhurst. p. 4. 2010年12月20日閲覧。
  16. ^ Pentzopoulos, Dimitri (2002). The Balkan Exchange of Minorities and Its Impact on Greece. London: C. Hurst & Co. p. 28. ISBN 1-85065-674-6. 
  17. ^ Heuberger, Valeria; Suppan, Arnold; Vyslonzil, Elisabeth (1996) (German). Brennpunkt Osteuropa: Minderheiten im Kreuzfeuer des Nationalismus. Vienna: Oldenbourg Wissenschaftsverlag. p. 68. ISBN 978-3-486-56182-1. http://books.google.com/books?id=edAu3dxEwwgC&q=nordepirus#v=onepage&q=panepirotische%20versammlung&f=false. 
  18. ^ Ference, Gregory Curtis (1994). Chronology of 20th-Century Eastern European History. Gale Research. p. 9. ISBN 978-0-8103-8879-6. http://books.google.com/books?ct=result&id=RSLsAAAAMAAJ&dq=panepirotic%2Bassembly&q=%22meets+in+Gjirokaster%2C+where+it+announces+that%2C+short+of+incorporation+with+Greece%2C+it+demands+either+local+autonomy+or+an+international+occupation+of+Great+Power+forces+for+the+districts+of+Gjirokaster+and+Korce.%22#search_anchor. 
  19. ^ Winnifrith, Tom (2002). Badlands-Borderlands: a History of Northern Epirus/Southern Albania. London: Duckworth. p. 130. ISBN 0-7156-3201-9. 
  20. ^ Bon, Nataša Gregorič (2008). “Formation of the Albanian Nation-State and the Protocol of Corfu (1914)” (PDF). Contested Spaces and Negotiated Identities in Dhermi/Drimades of Himare/Himara area, Southern Albania. Nova Gorica. p. 140. http://www.p-ng.si/~vanesa/doktorati/interkulturni/3GregoricBon.pdf. 
  21. ^ a b Konidaris, Gerasimos (2005). Schwandner-Sievers, Stephanie. ed. The new Albanian migrations. Sussex Academic Publishing. p. 65. ISBN 1-903900-78-6, 9781903900789. http://books.google.com/?id=05Mw4-b9oN0C&pg=PA74&dq=omonoia+five#v=onepage&q&f=false. 
  22. ^ Nitsiakos, Vassilis; Mantzos, Constantinos (2003). “Negotiating Culture: Political Uses of Polyphonic Folk Songs in Greece and Albania”. In Tziovas, Demetres. Greece and the Balkans: Identities, Perceptions and Cultural Encounters. Aldershot, England: Ashgate Publishing. p. 197. ISBN 0-7546-0998-7. 
  23. ^ Murati, Violeta. “Tourism with the Dictator” (Albanian). Standard. http://www.standard.al/index.php/kulture/9952.html 2010年8月19日閲覧。  [リンク切れ]
  24. ^ Petiffer, James (2001). The Greek Minority in Albania – In the Aftermath of Communism. Surrey, UK: Conflict Studies Research Centre. p. 13. ISBN 1-903584-35-3. http://kms1.isn.ethz.ch/serviceengine/Files/ISN/38652/ipublicationdocument_singledocument/5494CBC6-4F56-4EFD-B6DB-7FB1EC46CC11/en/2001_Jul_2.pdf. 
  25. ^ Lajmi (2010年3月22日). “Tourism with the Communist Symbols” (Albanian). Gazeta Lajmi. http://www.gazetalajmi.com/index.php?option=com_content&view=article&id=387:turizem-me-simbolet-e-komunizmit&catid=106:reportazh&Itemid=438 2010年8月19日閲覧。 
  26. ^ Elsie, Robert (2000). A Dictionary of Albanian Religion, Mythology, and Folk Culture. New York: New York University Press. pp. 28. ISBN 978-0-8147-2214-5. http://books.google.com/books?id=aAtQZ0vjf5gC&pg=PA28&dq=gjirokastra+with+its+headquarters+at+the+tekke+of+asim+baba#v=onepage&q=gjirokastra%20with%20its%20headquarters%20at%20the%20tekke%20of%20asim%20baba&f=false. 
  27. ^ a b c d GCDO. “Regjimi komunist në Shqipëri” (Albanian). Organizata për Ruajtjen dhe Zhvillimin e Gjirokastrës (GCDO). 2010年9月1日閲覧。
  28. ^ Orthodox Church of Albania. “Building and Restorations” (Albanian). 2010年12月15日閲覧。 “... selitë e Mitropolive të Beratit, Korçës dhe Gjirokastrës...”
  29. ^ Elsie, Robert (2000). A Dictionary of Albanian Religion, Mythology, and Folk Culture. New York: New York University Press. pp. 95–96. ISBN 0-8147-2214-8. http://books.google.com/books?id=aAtQZ0vjf5gC&pg=PA95&dq=vajtim#v=onepage&q=vajtim&f=false 2010年6月9日閲覧。. 
  30. ^ Wilson, Katharina M. (March 1991). An Encyclopedia of Continental Women Writers. 2. New York: Garland. pp. 646. ISBN 0-8240-8547-7. http://books.google.com/books?id=2Wf1SVbGFg8C&pg=PA646&dq=Musine+Kokalari#v=onepage&q=Musine%20Kokalari&f=false. 
  31. ^ Ahmedaja, Ardian; Haid, Gerlinde (2008). European Voices: Multipart Singing in the Balkans and the Mediterranean. 1. Vienna: Böhlau. ISBN 978-3-205-78090-8. http://books.google.com/books?id=Iga91qAoeDYC&pg=PA241&dq=festivali+i+folklorit+gjirokaster+5+years&cd=1#v=onepage&q&f=false. 
  32. ^ Top Channel (2009年9月25日). “Gjirokaster, starton Festivali Folklorik Kombetar” (Albanian). Top Channel. http://lajme.shqiperia.com/lajme/artikull/iden/315338/titulli/Gjirokaster-starton-Festivali-Folklorik-Kombetar 2010年8月31日閲覧。 
  33. ^ Valeria Heuberger, Arnold Suppan, Elisabeth Vyslonzil (1996) (German). Brennpunkt Osteuropa: Minderheiten im Kreuzfeuer des Nationalismus. Vienna: Oldenbourg Wissenschaftsverlag. p. 71. ISBN 978-3-486-56182-1. http://books.google.com/books?id=edAu3dxEwwgC. 
  34. ^ a b c Petersen, Andrew (1994). Dictionary of Islamic architecture. Routledge. p. 10. ISBN 0-415-06084-2. http://books.google.com/books?id=t5gOAAAAQAAJ&pg=PA10&dq=City+of+Stone+gjirokaster#v=onepage&q=City%20of%20Stone%20gjirokaster&f=false 2010年6月13日閲覧。. 
  35. ^ Një histori e shkurtër e Gjirokastrës”. Gjirokaster.org. 2010年12月15日閲覧。
  36. ^ a b Kote, Odise (2010年3月16日). “Tregu rajonal në jug të Shqipërisë dhe prodhimet bio” (Albanian). Deutsche Welle. 2010年12月15日閲覧。
  37. ^ Taylor & Francis Group (2004). tes+trade+with+Greek+border+area#v=onepage&q=promotes%20trade%20with%20Greek%20border%20area&f=false Europa World Year, Book 1. London; New York. ISBN 978-1-85743-254-1. http://books.google.com/books?id=wGA4o-UhAfgC&pg=PA459&dq=promo tes+trade+with+Greek+border+area#v=onepage&q=promotes%20trade%20with%20Greek%20border%20area&f=false 2010年12月15日閲覧。. 
  38. ^ Blitz, ed. by Brad K. (2006). War and change in the Balkans : nationalism, conflict and cooperation. (1. publ. ed.). Cambridge: Cambridge University Press. pp. 230. ISBN 978-0-521-67773-8. http://books.google.com/books?id=Mvjm82mAKfkC&pg=PA230&dq=greek+army+hospital+gjirokaster#v=onepage&q=greek%20army%20hospital%20gjirokaster&f=false. 
  39. ^ Aga Khan Award for Architecture: Conservation of Gjirokastra”. Aga Khan Development Network. 2011年6月5日閲覧。
  40. ^ Kote, Odise (2010年3月2日). “Kriza greke zbret dhe në Shqipëri” (Albanian). Deutsche Welle. 2010年12月15日閲覧。
  41. ^ Sakellariou, Michaïl V (1997). Epirus: 4000 Years of Greek History and Civilization. Athens: Ekdotike Athenon. p. 308. ISBN 978-960-213-371-2. http://books.google.com/books?ct=result&id=UV1oAAAAMAAJ&dq=%22It+was+later+closed+and+was+reopened+in+1789+by+the+learned+bishop%22&q=%22it+is+worth+mentioning+the+one+at+Argyrokastron%2C+which+was+founded+in+1663.+It+was+later+closed+and+was+reopened+in+1789+by+the+learned+bishop%22#search_anchor. 
  42. ^ Ruches,Pyrrhus J (1965). Albania's Captives. Chicago: Argonaut. p. 33. http://books.google.com/books?id=2k9pAAAAMAAJ&q=&pgis=1. "At a time of almost universal ignorance in Greece, in 1633, it opened the doors of its first Greek school. Sponsored by Argyrocastran merchants in Venice, it was under the supervision of Metropolitan Callistus of Dryinoupolis." 
  43. ^ Sakellariou, Michaïl V (1997). Epirus: 4000 Years of Greek History and Civilization. Athens: Ekdotike Athenon. p. 308. ISBN 978-960-213-371-2. http://books.google.com/books?id=UV1oAAAAMAAJ&dq=epirus%2B4000&q=1861-62#search_anchor. 
  44. ^ Victor Roudometof (1996). Nationalism and statecraft in southeastern Europe, 1750-1923. University of Pittsburgh. p. 568. http://books.google.gr/books?ct=result&id=pSeFAAAAMAAJ&dq=argyrokastro%22first+albanian+school%22&q=%22In+1881%2C+the+first+Albanian+school+was+established+in+Gyrokaster+%28Argyrokastro%29+and+in+1886+the+first+Albanian+school+was%22#search_anchor. 
  45. ^ a b Μπρεγκάση Αλέξανδρος. “Πάρτε πτυχίο... Αργυροκάστρου”. Ηπειρωτικός Αγών. 2010年8月31日閲覧。
  46. ^ Albania: Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor, 2006”. U.S. Department of State (2007年3月6日). 2010年12月20日閲覧。
  47. ^ Abrahams, Fred. Human Rights in Post-Communist Albania. Human Rights Watch. p. 119. http://books.google.com/books?id=MkmGHvI-RyUC&pg=PA105&dq=greek+minority+albania. "About 4,000 Greeks live in Gjirokastër out of a population of 30,000." 
  48. ^ Bugjazski, Janusz (2002). Political parties of Eastern Europe: a guide to politics in the post-Communist era. M.E. Sharpe. p. 682. http://books.google.com/books?id=9gGKtLTQlUcC&pg=PA682&dq=gjirokaster+greek&hl=el&ei=tdSdTsOcMaTd0QGj8tGICQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=8&ved=0CFQQ6AEwBw#v=onepage&q=%22of%20the%20population%20of%20Gjirokaster%20and%22&f=false. 

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度04分27秒 東経20度08分27秒 / 北緯40.07417度 東経20.14083度 / 40.07417; 20.14083