ジルベール・アミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジルベール・アミGilbert Amy, 1936年8月29日 パリ - )はフランス作曲家指揮者

1954年パリ国立高等音楽院に入学し、オリヴィエ・メシアンダリユス・ミヨーに作曲を、イヴォンヌ・ロリオピアノを師事。最初の作品《 Œil de fumée 》は1955年にさかのぼる。1957年ピエール・ブーレーズと出会い、その監修のもとで《ピアノ・ソナタ》を書き上げる。翌年ブーレーズからの委嘱作品《躍動 Mouvements 》を完成させ、ダルムシュタットにおいてドメーヌ・ミュジカルにより上演された。

1958年から1961年までダルムシュタット現代音楽講習会でカールハインツ・シュトックハウゼンの講座を履修。1962年ジャン=ルイ・バローに指名されてパリ・オデオン座の座付き音楽監督に就任。同時に、ヨーロッパアルゼンチンで指揮活動に取り組む。1967年から1973年まで、ピエール・ブーレーズの後任としてドメーヌ・ミュジカルを監督。1973年から1975年までフランス放送協会の音楽顧問を務め、1976年から1981年までフランス放送新フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任した。1984年ピエール・コシュローの後任としてリヨン国立高等音楽院の院長に着任し、それからも作曲を続けた。作曲家としての才能によって数々の賞を受けている。