ジョー・プロフィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・プロフィット

Joe Profit  No. 23

ランニングバック
生年月日:1949年8月13日(64歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ルイジアナ州レイクプロビデンス
身長:6' 0" =約182.9cm 体重:210 lb =約95.3kg
NFLデビュー
1971年アトランタ・ファルコンズ
経歴
大学ノースイーストルイジアナ大学
NFLドラフト1971年 / 1巡目(全体の7番目)
 所属チーム:
通算成績
(1973年までの成績)
ラン獲得ヤード     471ヤード
平均獲得ヤード     3.5ヤード
TDラン     3回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ジョー・プロフィットJoe Profit1949年8月13日 - )はルイジアナ州レイクプロビデンス出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはランニングバック

経歴[編集]

子どもの頃は、Y・A・ティトルジム・テイラービリー・キャノンのプレーをラジオで聞いて育った。高校はアフリカ系アメリカ人だけの学校に通った。1967年以前もルイジアナ州の大学でカレッジフットボール選手として活躍したアフリカ系アメリカ人選手は多くいたが、彼らのほとんどはアフリカ系アメリカ人のためのグランブリング州立大学サザン大学でプレーした選手であり、白人が大多数のノースイーストルイジアナ大学での彼の活躍は、ルイジアナ州での人種差別に風穴を開けるものとなった。彼が大学へ進学する前年にエルビン・アイボリーサウスウェスタンルイジアナ大学のバスケットボールチームに加入していたが、ルイジアナ州で最も人気のあるスポーツであるフットボールチームでは、白人の大学で黒人選手は誕生していなかった。1年次は172ヤードの獲得にとどまったが、2年次には大学記録となる884ヤードを走り、3年次には1,027ヤードを走り、自身の記録を更新した。大学4年間で2,818ヤードを走り、23TDをあげた[1]

1971年NFLドラフト1巡全体7位でアトランタ・ファルコンズに指名された。第4週の試合でひざに重傷を負い、シーズン絶望となるまで3回のランで10ヤードを走った。1972年は40回のランで132ヤードを走ったが、TDなし、1973年は18回のランで55ヤードを走り、2TDをあげた。ファルコンズでは2シーズン半在籍し、17試合に出場、わずか197ヤードのランにとどまった。プロ入りして3シーズン目の1973年のシーズン途中にニューオーリンズ・セインツに移籍し、274ヤードを走った。この年以降、NFLでプレーすることはなかった[2]

1974年はワールド・フットボール・リーグバーミンガム・アメリカンズに所属し、ワールドボウルの第2Qに最初のタッチダウンをあげた[3]。1975年はバーミンガム・バルカンズでプレーした。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Joe Profit”. ルイジアナ州スポーツ殿堂. 2014年1月11日閲覧。
  2. ^ NFL Draft: Biggests Busts in Atlanta Falcons History”. CBS (2013年4月25日). 2014年1月11日閲覧。
  3. ^ John Zoni (2009年12月3日). “The apex of the World Football League”. ESPN. 2014年1月11日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ジョン・スモール
アトランタ・ファルコンズ
ドラフト1巡指名
1971年
次代:
クラレンス・エリス