ジョー・ソト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・ソト
基本情報
本名 Joseph Angel Soto
通称 The Hammer
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1987年3月22日(27歳)
出身地 カリフォルニア州ポータービル
所属 ノーカル・ファイティング・アライアンス
シーザー・グレイシー柔術アカデミー[1]
身長 173cm
体重 66kg
階級 フェザー級
スタイル レスリング
テンプレートを表示

ジョー・ソトJoe Soto、男性、1987年3月22日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家メキシコ系アメリカ人カリフォルニア州ポータービル出身。シーザー・グレイシー柔術アカデミー所属[1]。元Bellatorフェザー級王者。

来歴[編集]

ハイスクールおよびアイオワ・セントラル・コミュニティ・カレッジでは、レスリングを経験[2]。カレッジではジョン・ジョーンズとルームメイトであった[3]

2006年7月16日、Gladiator Challengeでプロ総合格闘技デビュー。

2009年4月3日、Bellatorシーズン1のフェザー級トーナメントに出場[4]。1回戦でベン・グリーアと対戦し、パウンドによるTKO勝ち[5]。5月8日、準決勝でウィルソン・ヘイスと対戦し、3-0の判定勝ち[6]。6月5日、決勝でヤヒール・レジェスと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収め優勝を果たした[7]

2010年5月20日、Bellator 19のノンタイトルマッチでディエゴ・サライバと対戦。1Rにグラウンドでの右肘打ちでサライバが額をカットし、1R終了時にドクターストップとなりTKO勝ち[8]

2010年6月24日、Bellatorシーズン2のフェザー級トーナメント優勝を決めたジョー・ウォーレンとの対戦が決定し、ケージ内で対峙した[9]。9月2日、BFCフェザー級タイトルマッチでウォーレンと対戦し、右膝蹴りでTKO負けを喫し王座から陥落[10]。キャリア10戦目での初黒星となった。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
10 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
9 4 4 1 0 0 0
1 1 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ジョー・ウォーレン 2R 0:33 TKO(右膝蹴り) Bellator 27
【BFCフェザー級タイトルマッチ】
2010年9月2日
ディエゴ・サライバ 1R終了時 TKO(ドクターストップ:額カット) Bellator 19 2010年5月20日
マイク・クリステンセン 1R 2:06 フットチョーク Tachi Palace Fights 1 2009年10月8日
ヤヒール・レジェス 2R 4:11 チョークスリーパー Bellator X
【フェザー級トーナメント 決勝】
2009年6月5日
ウィルソン・ヘイス 5分3R終了 判定3-0 Bellator VI
【フェザー級トーナメント 準決勝】
2009年5月8日
ベン・グリーア 1R 3:40 TKO(パウンド) Bellator I
【フェザー級トーナメント 1回戦】
2009年4月3日
アンソニー・ルナ 1R 0:33 チキンウィングアームロック Gladiator Challenge 86: Day of the Dead 2008年11月2日
ブランドン・ジーニーズ 1R 0:59 TKO Palace Fighting Championship 10: Explosive 2008年9月26日
ダレン・クリスプ 1R 1:08 膝十字固め Palace Fighting Championship 9: The Return 2008年7月18日
ジャレッド・ウィリアムス 1R 3:26 TKO Gladiator Challenge 53: Hell Storm 2006年7月16日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
N/A
初代Bellatorフェザー級王者

2009年6月5日 - 2010年9月2日

次王者
ジョー・ウォーレン