ジョー・スピネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・スピネル
Joe Spinell
本名 Joseph J. Spagnuolo
別名義 Joe "Maniac" Spinell
Joseph Spinell
Joe Spinnel
Joe Spinnell
生年月日 1936年10月28日
没年月日 1989年1月13日(満52歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
民族 イタリア系アメリカ人
身長 180 cm
職業 俳優・脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1972年 – 1989年
配偶者 ジーン・ジェニングス(1977年 - 1979年)
著名な家族 フィロメナ・スパニュオーロ(母、別名メアリー・スピネル)

ジョー・スピネルJoe Spinell1936年10月28日 - 1989年1月13日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州生まれの俳優。本名ジョセフ・J・スパニュオーロ(Joseph J. Spagnuolo、イタリア語発音: [spaˈɲɲwɔlo])。イタリア系アメリカ人

体躯に恵まれるとともに、いかつい風貌からヤクザ、犯罪者、汚職警官などの配役が多く、悪役として独特の存在感を表した。

来歴[編集]

1936年、ニューヨーク市マンハッタンでイタリア系アメリカ人の家庭に生まれる。父はペレグリーノ・スパニュオーロ(1892年 - 1950年)、母は女優のフィロメナ・スパニュオーロ(1903年 - 1987年、別名メアリー・スピネル)で、6人兄弟の末っ子。

幼少の頃から芸能界を志望しており、舞台やラジオに出演。一時期、劇団も主宰していた。1972年に『ゴッドファーザー』で本格的なデビューを果たし、”ウィリー・チチ(Willi Cicci)”役でボディガード・ヒットマンを演じた。その存在感が評価され、『ゴッドファーザーPARTII』、『エクソシスト』、『タクシードライバー』、『ロッキー』(高利貸しヤクザ”トニー・ガッツォ”)などにも脇役として出演した。1977年、ポルノ女優ジーン・ジェニングスと結婚。娘1人に恵まれるが、1979年離婚。

交友をもっていたシルヴェスター・スタローンが、未だ日の目を見なかった時代に企画した『ロッキー』によって成功したことに感化され、自作映画を企図。1980年スプラッター映画マニアック』(Maniac)で製作総指揮、脚本、主演を担った。なお、スピネルはキャロライン・マンローのファンで、この作品で彼女を出演させている。1984年には『ファナティック (新マニアック)』(THE FANATIC)で実母と共演を果たす。しかし同作は興行的には成功しなかった。

1989年、ニューヨーク州クイーンズの自宅アパートにおいて急死した。死因は心臓発作とされているが、詳細は不明である。一説にはぜんそくの持病を有していたといい、薬物や飲酒の影響も指摘されている。『マニアック』の続編を計画中であったという。埋葬地は「カルヴァリ共同墓地(Calvary Cemetery, Queens)」。この墓地は『ゴッドファーザー』のドン・ヴィト・コルレオーネの埋葬シーンで撮影に使用された場所であり、彼の自宅の近くであった。

主演「マニアック」の成功[編集]

1980年、『マニアック』(Maniac)で製作総指揮、脚本、主演を担当した。監督はウィリアム・ラスティグ(William Lustig)であるが、彼とはダリオ・アルジェントロジャー・コーマンなどの撮影現場に同道した朋友であった。『マニアック』作成に当たり、ジョー・スピネルがアイデアを練り、制作費を借用して、ウィリアム・ラスティグに監督を担当させた。しかし、配給先の目途がなく、2人でフィルムを持参して各映画会社を回り、要望に答えた再編集をしたという。こうして公開に至った『マニアック』だが、高い評価を獲得し、ウィリアム・ラスティグには次の仕事のオファーが来るようになった。彼はジョー・スピネルの逝去を悲しみ、人生の師と仰いだという。なお、『マニアック』では著名な特殊メイクアップアーティストであるトム・サヴィーニが特殊メイクを担当するとともに、自らも出演している。これは、低予算のためにトム・サヴィーニが所有していた特殊メイク道具をトライアル的に使用するという目的で実現したとされる。

外部リンク[編集]