ジョー・オダネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョー・オダネル(ジョー・オドネルとも。Joe O'Donnell、Joseph Roger O'Donnell、1922年5月7日 - 2007年8月9日)は、米国文化情報局に勤務した米国の記録映像作家、フォトジャーナリスト及び写真家ペンシルベニア州ジョンスタウン生まれ。最も有名な作品としては、1945年1946年日本長崎及び広島における原爆投下直後の状況を、米海兵隊の写真家として撮影した一群の記録写真がある。

日本で特に有名であるのが彼が従軍中の長崎で撮った「焼き場に立つ少年」で、 この写真についてはオダネルのなくなった2007年の皇后陛下のお誕生日に、その年印象に残ったこととして皇后陛下自身が言及されている。[1]


テネシー州ナッシュビルにて没。命日は奇しくも8月9日である。

  1. ^ http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h19sk.html