ジョージ (ケント公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ
Prince George
Duke of Kent
George 1st Kent.png
ケント公ジョージ
続柄 ジョージ5世第四王子
称号 ケント公爵
セント・アンドルーズ伯爵
ダウンパトリック男爵
全名 ジョージ・エドワード・アレグザンダー・エドマンド
身位 Prince(王子)
敬称 His Royal Highness(殿下)
出生 1902年12月20日
イングランドの旗 イングランド サンドリンガム
死去 1942年8月25日
スコットランドの旗 スコットランド ケイスネス
配偶者 マリナ
子女 エドワード
アレクサンドラ
マイケル
父親 ジョージ5世
母親 メアリー
テンプレートを表示

ケント公爵ジョージ王子(Prince George, Duke of Kent洗礼名: ジョージ・エドワード・アレグザンダー・エドマンド; George Edward Alexander Edmund1902年12月20日1942年8月25日)は、イギリス王室成員、軍人ケント公爵、セント・アンドルーズ伯爵、ダウンパトリック男爵。

生涯[編集]

当時プリンス・オブ・ウェールズだったジョージ王子(後のジョージ5世)とメアリー妃の四男として、ノーフォークのサンドリンガムで誕生。

1903年1月26日に、ウィンザー城のプライベートチャペルで、オックスフォード司教であるフランシス・パゲットによって洗礼を施され、エドワード7世アレクサンドラ王妃、デンマーク王子ヴァルデマールイス・アレグザンダー・マウントバッテンマリア・フョードロヴナへレナ王女代父母となった。

三兄グロスター公ヘンリーと共に家庭教師から学び、先に長兄エドワード(後のエドワード8世)と次兄アルバート(後のジョージ6世)も海軍に入っていたのにならい、13歳から海軍兵学校に入った。その後は士官候補生として、戦艦アイアン・デューク」、戦艦「ネルソン」に搭乗して軍務に就いたが、1929年に体調不良が原因で退役した。その後は外務省や内務省で働き、初めて文官として公務を経験した王族となった。軍人としてはその後空軍に籍を移し、在籍中にはカナダまでの飛行に成功、初めて大西洋を横断したイギリス王族となった。1940年には、空軍准将に昇進した。

1932年には、父王が務めていたリンカーン法曹院の評議員に任じられた。

1936年に、長兄のエドワード8世がウォリス・シンプソンとの結婚のために退位した際は、明るく社交的な性格であり、かつエドワード8世の弟としては唯一男児をもうけていたことから、内気な性格である次男アルバートや三男ヘンリーではなく、四男のジョージを次の国王として即位させるべきとの提案をする廷臣もいた。

独身の頃は長兄のエドワード8世同様、華やかな噂が絶えなかった。キャバレー歌手フローレンス・ミルズ、女優ジェシー・マシューズ、銀行家の令嬢ポピー・バリングらと浮き名を流し、俳優で劇作家ノエル・カワード保守党下院議員のヘンリー・シャノンとも交流があった。また、麻薬中毒の噂も立ち、親密な関係にあった男娼からその件に関して度々恐喝されていたとも伝えられている。ジョージとの間に子供を生んだという、アメリカ社交界の花形キキ・プレストンは、後にニューヨークのホテルで投身自殺を遂げた。

1939年には、イングランド・グランド・ロッジグランドマスターとなり、以後終生その地位にあった。

第二次世界大戦が始まると空軍に復帰したが、1942年8月25日、アメリカ軍が駐留するアイスランドへ向かう途中、自ら操縦する飛行艇ショート サンダーランド」が、スコットランド北部のケイスネスで墜落、薨去。この時の任務の内容や死因については、未だに謎が多い。

エポニム[編集]

現在は、カナダブリティッシュコロンビア州フレイザー・フォートジョージ地域の行政府であるプリンス・ジョージ市にその名を残している。

子女[編集]

1934年11月29日、又従妹にあたるギリシャ王女マリナゲオルギオス1世の孫、エディンバラ公フィリップ従姉)とウェストミンスター寺院で結婚し、

の2男1女をもうけた。

称号[編集]

ケント公ジョージの紋章
  • 1902年12月20日 – 1910年5月6日
    ジョージ・オブ・ウェールズ王子殿下(His Royal Highness Prince George of Wales)
  • 1910年5月6日 – 1934年10月12日
    ジョージ王子殿下(His Royal Highness The Prince George)
  • 1934年10月12日 – 1942年月25日
    ケント公爵殿下(His Royal Highness The Duke of Kent)


先代:
ケント公爵
1934年1942年
次代:
エドワード