ジョージ・C・マーシャル (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS George C. Marshall;0865403.jpg
艦歴
発注: 1963年7月29日
起工: 1964年3月2日
進水: 1965年5月21日
就役: 1966年4月29日
退役: 1992年9月24日
その後: 原子力艦再利用プログラム
除籍: 1992年9月24日
性能諸元
排水量:
全長: 129.54 m (425 ft)
全幅:
吃水:
機関: S5W reactor
最大速:
兵員:
兵装: ミサイル発射管16門
モットー: Patience not Weakness

ジョージ・C・マーシャル(USS George C. Marshall, SSBN-654)は、アメリカ海軍原子力潜水艦ベンジャミン・フランクリン級原子力潜水艦の7番艦。艦名はジョージ・C・マーシャル国務長官に因む。

艦歴[編集]

ジョージ・C・マーシャルの建造は1963年7月29日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所に発注され、1964年3月2日に起工した。1965年5月21日にジョージ・C・マーシャル夫人によって進水し、1966年4月29日にブルー班艦長ワーラン・リッチ・コビーン中佐およびゴールド班艦長ウィラード・エドワード・ジョンソン中佐の指揮下就役した。

ジョージ・C・マーシャルは78回の戦略抑止哨戒を行い、スコットランドホーリー・ロッホを拠点とした最後の部隊の1艦であった。ジョージ・C・マーシャルの最後の潜水は、1992年に退役のためワシントン州ブレマートンに向かう途中、サンディエゴ沖で行われた。最後の艦長はウェイン・ピーターソン大佐とチェット・ヘルムズ中佐であった。

ジョージ・C・マーシャルは1992年9月24日に退役、同日除籍された。その後ブレマートン原子力艦再利用プログラムに従って解体され、作業は1994年2月28日に完了した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]