ジョージ・ロバート・カーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ロバート・カーター
生誕 1866年12月28日
ハワイ州ホノルル
死没 1933年2月11日
ハワイ州ホノルル
職業 政治家
配偶者 ヘレン・ストロング
子供 4人
ヘンリー・カーター
シビル・ジャッド

ジョージ・ロバート・カーターGeorge Robert Carter1866年12月28日1933年2月11日)は、1903年から1907年にかけてアメリカ合衆国領ハワイの知事を務めた人物[1]

来歴[編集]

カーターは1866年、実業家の父ヘンリー・カーターと宣教医ゲリット・ジャッドの娘であるシビルの子としてホノルルに生まれた[2]。ホノルルのマッキンリー高校を卒業後、アンドーバーのフィリップスアカデミー、イェール大学で教育を受けた[3]1982年4月19日イーストマン・コダック社の社長、ヘンリー・ストロングの娘であるヘレンと結婚し、4人の子供をもうけた。

シアトル国立銀行に勤めた後にハワイに戻り、ホノルルのC.Brewer&Co社に勤務、1898年から1902年にかけてHawaiian Trust CompanyHawaiian Fertilizer Companyといった会社のマネジメントを手がけた。また、ハワイ銀行Alexander&Baldwin社のディレクターも兼務していた。

1901年、カーターはオアフ島からハワイ準州上院議員に選出されると、ハワイ領土問題に携わる担当責任者として任命された。1903年には連邦地裁判事となるため辞任したサンフォード・ドールの後を継いでハワイ準州知事に任命された。1905年に新しい行政区画として郡を導入し、現在に至っている。1907年に辞任した後も政治家として活動を続け、1933年2月11日に死去し、オアフ島の墓地へ埋葬された。

また、ハワイ歴史協会のメンバーとして散逸したハワイ王国時代の書籍集積や歴史研究に尽力しており、そのコレクションは1922年にミッションハウスミュージアムへと寄贈されている。

脚注[編集]

  1. ^ “George R. Carter is Dead in Hawaii”, The New York Times: 15, (1933-02-13), http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F40815F83B591A7A93C1A81789D85F478385F9 2009年9月9日閲覧。 
  2. ^ George R. Carter and Mary H. Hopkins, ed (July 1922). A record of the descendants of Dr. Gerrit P. Judd of Hawaii, March 8, 1829, to April 16, 1922. Hawaiian Historical Society. http://www.archive.org/details/recordofdescenda00cart. 
  3. ^ Dyke, C. Y., ed. (1957), Biographical Sketches of Hawaii's Rulers (8 ed.), Honolulu: Bishop National Bank of Hawaii, p. 22 

外部リンク[編集]