ジョージ・ライヴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・ロックハート・ライヴス(George Lockhart Rives, 1849年 - 1917年)は、アメリカ合衆国歴史家政治家1887年から1889年まで第17代アメリカ合衆国国務次官補を務めた。

生涯[編集]

1849年、ライヴスはフランシス・ロバート・ライヴス (Francis Robert Rives, 1822-1891) とマチルダ・アントニア・バークレイ (Matilda Antonia Barclay, 1824-1888) の長子として誕生した。

ライヴスはグロバー・クリーブランド政権のトマス・ベイヤード国務長官の下において、1887年から1889年まで第17代アメリカ合衆国国務次官補を務めた。またライヴスは1913年に『合衆国とメキシコ (1821-1848) : メキシコ独立から米墨戦争の終結までの二国間の関係の歴史』(The United States and Mexico, 1821-1848: A History of the Relations between the Two Countries from the Independence of Mexico to the Close of the War with the United States) を出版した。

ライヴスは1873年にカロライン・モリス・キーン (Caroline Morris Kean, 1849-1887) と結婚した。2人の間にはジョージ・バークレイ・ライヴス (George Barclay Rives, 1874-????) が生まれた。ライヴスは1917年に死去した。

公職
先代:
ジェイムズ・デイヴィス・ポーター
アメリカ合衆国国務次官補
1887年11月19日 - 1889年3月5日
次代:
ウィリアム・ウォートン