ジョージ・モーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・モーランド
父・ヘンリーが描いたジョージの肖像(1780年)
生誕 1763年6月26日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 ロンドン
死没 1804年10月29日(41歳)
イギリスの旗 連合王国 ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
著名な実績 風景画

ジョージ・モーランドGeorge Morland1763年6月26日 - 1804年10月29日)は、18世紀後期のイギリス画家

来歴[編集]

ロンドンでヘンリー・ロバート・モーランド(1719年 - 1797年)の三男として生まれる。幼少期から精緻なスケッチの技能で注目され、1773年に10歳でロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ入学を認められるが14歳の時に中退し、21歳まで父・ヘンリーの師事を仰いだ。

風景画に定評が有り、特に生き生きとした動物の描写は高い評価を得ていたが浪費癖のために晩年は債務の返済に苦しみ、1804年に41歳で世を去った。

雑記[編集]

ヒュー・ロフティングドリトル先生の郵便局』(1923年刊)では、ドリトル先生の飼い犬・ジップが過去にモーランドの絵のモデルとなり、知り合った犬の飼い主である絵の下手な大道絵描きの所へモーランドを連れて行って代わりに絵を描かせたエピソードが存在する。

1984年に旧ソ連で発行された20コペイカ切手のデザインに「嵐の前」が採用されている[1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Approaching Storm (George Morland)Colnect

外部リンク[編集]


 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press.