ジョージ・メッサースミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・メッサースミス

ジョージ・ストラウサー・メッサースミス(George Strausser Messersmith, 1883年10月3日 - 1960年)は、アメリカ合衆国外交官

生涯[編集]

1883年10月3日、メッサースミスはペンシルベニア州フリートウッドにおいて誕生した。メッサースミスはデラウェア州の公立学校で教師となった。

1914年、メッサースミスは教職を辞め、国務省の外交部に入省した。メッサースミスは1916年カナダオンタリオ州フォートエリーで、1917年オランダ領アンティルキュラソー島で、合衆国領事を務めた。メッサースミスは1919年ベルギーアントウェルペンで合衆国領事となり、1926年に合衆国総領事に昇格した。メッサースミスは1929年アルゼンチンブエノスアイレスで、1932年ドイツベルリンで、合衆国総領事を務めた。

1934年3月、メッサースミスは駐ウルグアイ公使として任命を受けた。だがメッサースミスは1934年4月に駐オーストリア公使としても任命を受けたため、駐ウルグアイ公使には着任せず1934年5月に駐オーストリア公使として着任した。メッサースミスは1937年7月まで駐オーストリア公使を務めた。

1937年、メッサースミスは国務次官補に任命された。メッサースミスは1940年2月まで国務次官補を務めた後、1940年3月から1942年2月まで駐キューバ大使、1942年5月から1946年5月まで駐メキシコ大使、1946年5月から1947年6月まで駐アルゼンチン大使を務めた。

1960年1月29日、メッサースミスはテキサス州ダラスにおいて死去した。

外交職
先代:
ジョージ・アール
在オーストリアアメリカ合衆国特命全権公使
1934年5月23日 - 1937年7月11日
次代:
グレンヴィル・エメット
先代:
ジョシュア・バトラー・ライト
在キューバアメリカ合衆国特命全権大使
1940年3月8日 - 1942年2月8日
次代:
スプライル・ブレイデン
先代:
ジョセファス・ダニエルズ
在メキシコアメリカ合衆国特命全権大使
1942年5月24日 - 1946年5月15日
次代:
ウォルター・サーストン
先代:
スプライル・ブレイデン
在アルゼンチンアメリカ合衆国特命全権大使
1946年5月23日 - 1947年6月12日
次代:
ジェイムズ・ブルース